下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタの高級ミニバン、アルファード。

街乗りにオフロードに、どんなシーンでも快適な走りを提供し優れた走行性能を見せつけてくれる人気車種です。

アルファードには2WDと4WDの2つのタイプがあります。

購入を考える時、どちらにしようか迷うところですね。

このページでは、2WDと4WDのそれぞれの特徴や、それぞれの街乗りの場合や雪道の使用感を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

アルファード2WDの人気の秘密

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/s/

アルファードはトヨタが販売している車で、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているセーフティ・サポートカーS(ワイド)セーフティ・サポートカーです。

自動ブレーキやペダルの踏み間違い時の加速抑制装置など安全運転を支援する装置が搭載されていて、特に高齢ドライバーを意識した安全サポートの車です。

7人又は8人乗り、2WDと4WD、エンジンは2.4Lと3.5Lのそれぞれ二つのタイプがありますが、最も人気があるのは燃費の面からも2WDの2.4Lのタイプで18㎞/L程度走行できます。

3.5Lの方が加速などに余裕がありますので走りを味わいたい方や4WDの方にはお勧めですが、法定速度で走るくらいの方には2WDの場合は2.4Lでも充分です。

外観はグリルセンター部の突き出しや階段形状の造り込み、縦基調を強調したメッキ加飾によって高級感あふれながらもダイナミックさも持ち合わせたデザインになっています。

内装は室内の味わいを深める新木目調加飾や心地よいくつろぎへと誘う上質な表皮を使っていて質感は以前よりの大幅に向上し、ラグジュアリーでモダンで先進的な空間が演出されます。

見た目だけではなく運転席シートは上下左右に細かな設定が出来るので乗っていても疲れません。

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

また後部座席もフラットに近いくらいに倒れるし、一人一人のスペースが広いので長距離の移動でも楽に出来ます。

このタイプは車体全長が4945㎜、全幅が1850㎜、全高は1935㎜となり、普通乗用となります。

総じて大きな車ですが、トヨタブランド初採用となる次世代型ToyotaSaftySenceを全車標準装備されており、他にも先進の安全機能を数多く搭載して、あらゆるドライビングシーンで確かな安心を感じる作りとなっています。

高速道路においてレーンのはみ出しを感知するレーントレーシングアシスト、衝突を検知してサポートするプリクラッシュセーフティ、標識の見逃し帽子をサポートするロードサインアシストも安全面においても安心できる機能です。

一般に、出かけた先での駐車スペースに困ることも多く、特に女性や高齢者にとって苦手とするものですが、アルファードにはインテリジェントパーキングアシスト機能があり、これは巻き込み刑法機能とバックガイドモニター機能と音声案内機能の総称で、これら3つのアシストにより切り返しを伴う駐車や縦列駐車、縦列出庫の際にスムーズに対応できます。

スポンサードリンク

アルファードの4WDの特徴について

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

 

アルファードは、トヨタの販売しているプレミアムミニバンです。

駆動方式には4WDが用意されています。

ハイブリッドの全ラインナップはもれなく4WDですが、ガソリン車には2WDのラインナップもあります

最低地上高はそれぞれ微妙に異なり、ハイブリッドは160mm、ガソリンの四駆が170mm、ガソリンの二駆が165mmとなっています。

全高にも微妙な差がありますが、これはフロア高の違いによるものです。

アルファードのハイブリッド採用している四輪駆動システムは、高出力E-FOURというものです。

これは、後輪を専用モーターで駆動させる仕組みになっています。

したがって、後輪に動力を伝えるためのプロペラシャフトが存在していません。

ガソリンタイプの場合はこれとは異なるアクティブトルクコントロール4WDというものが採用されていて、こちらはプロペラシャフトが存在しています。

いずれの場合も、普段は前輪の2輪で駆動するようになっており、必要に応じて後輪を動かすという物になっています。

自動的に制御してくれるので、特に自分で切り替えをする必要はありません。

ただしハイブリッドの場合は前輪がスリップするなどした場合に後輪が作動するのに対して、ガソリンタイプの場合は必要に応じてトルク配分を調整するというスタイルになっています。

 

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

つまり、スリップする前に後輪にもトルク配分がなされることになるため、スタートはガソリン車の方が安定しています。

もちろん微妙なタイムラグがあるという程度のものであるため、それによってハイブリッドだと雪道などで発進するときにスリップしてしまって発進が出来なくなってしまうというたぐいのものではありません。

下り坂に関しては、4WDの方が全体に回生ブレーキが働くので若干有利です。

アルファードはハイブリッドでもガソリンでも、雪道を走るうえで最低限の安定性は持っているミニバンです。

仕組みに違いがあるため、同じ4WDでも微妙な乗り味の違いはありますが、それで困るという場面はほぼないといってよいでしょう。

つまり、選ぶなら好みで選べば問題はありません。

燃費に関しては、大型のミニバンにしては良い部類です。

ガソリン車の場合も同様の評価になります。

ただし、最低地上高が低いミニバンであるため、深い雪にははまってしまう可能性はあります。

この点はミニバン全般に言える事であり、特にアルファードのみが持っているデメリットではないです。

スポンサードリンク

アルファードの街乗りと冬・スキーの使用感

アルファードはLLサイズの大型ミニバンで、多用途に便利に使えるのが魅力的な車です。

2002年の登場以降、街中で見掛けるケースも珍しくないですから、多くの人達に愛用されていることが窺えます。

容量や乗り心地を重視している車なので、圧倒的な燃費には期待できないものの、それでも健闘している性能を誇ります。

街乗りではガソリンタイプでも1Lで約7km程度と、まずまずの燃費性能を記録に残しています。

これは渋滞する状況を想定した性能ですから、実際には道路の流れ次第で、リッター10kmから11kmにまで到達します。

アルファードの大きさや街乗りの目的を考慮すると、この数字はまずまずといった性能だといえるでしょう。

ハイブリッドタイプであれば、もっと良い性能に期待できますから、乗り心地とどちらを選ぶか天秤に掛けて、好みで選べる範疇だと考えられます。

肝心の乗り心地は、街乗りでも家族の移動やショッピングに余裕ですし、大量に買い物をしたり、大きな荷物が発生しても快適です。

加速やパワーには問題がありませんから、大人数でも荷物の重量が増えても、アルファードなら全く問題はないといえます。

勿論、その分燃費は増えてしまうので、その点は理解して上手く乗りこなす必要があるでしょう。

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファードは、ボディーサイズが大きめということもあって、駐車時の場所選びは気を付けるべきポイントです。

車の出し入れに関わる大切なポイントなので、街乗りの快適性を損ねたくないなら、駐車の場面も想像して活用することをおすすめします。

一方で冬・スキーの目的においては、皆でワイワイと移動できる快適な利用が実現します。

ボディーサイズに余裕があるので、スキー板は車内でも車外でもまとめて運搬可能です。

積載できるのは1人や2人分程度ではなく、4人どころか5人分も問題なく運べるでしょう。

更にストックや、現地で着替えるスキーウェアの運搬も余裕ですから、まさにアルファードはアウトドアにも適した車となっています。

座席の足元はゆったりとしていますし、足を伸ばしてくつろげるほどなので、冬・スキー場との行き来も快適そのものです。

長時間の移動は特に、足を伸ばせるかどうかで疲労感が変わりますから、この部分は案外重要な要点の1つです。

冬・スキーの目的に限らず、雪の上をパワフルに進む車は心強く、安心のお出掛けを実現してくれる足になります。

日常の移動にも向いている車ですから、街乗りや冬・スキーといったように、シーンや季節を選ばない快適性を感じさせてくれます。

トヨタ・アルファード 2WDと4WDの比較やスキーでの雪道走行についてのまとめ

アルファードの2WDと4WDの特徴を紹介してきました。

ボディサイズが大きめなので扱いにくいと感じそうな点も、先進の安全機能を数多く搭載していることで安心感を与えてくれます。

また、プレミアムなミニバンならではの高性能な仕様で、雪道も安心して快適に運転できますね。

気の合う仲間と、雪山目指して出かけるのが楽しくなること間違いなさそうです。


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク