下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


近頃では、ハイブリッド車は街中のいたるところで見かけますよね。

しかし、ハイブリッド車に乗った経験がないと、「ハイブリッドって何?」と、いまいちピンとこないという方もいると思います。

高級ミニバンとして安定の人気を誇るアルファードにも、ハイブリッドモデルがあります。

そこで、アルファードのハイブリッドモデルについて、ガソリン車と燃費の違いなどについて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

アルファードのハイブリッドが人気になっています

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/els/?padid=ag341_from_alphard_grade_hy_els_thumb

アルファードは街中を走るミニバンの定番です。

今回のマイナーチェンジにより、より精悍なフェイスリストに変わったアルファードは、ハイブリッド走行による低燃費も実現しています。

大型車両でありながら、リッター当たり10キロという低燃費を実現しているアルファードは、街中の走行でも、アウトドアでのレジャーでの利用にも多くのシーンで活躍させることが可能です。

購入にあたっては高額な車両価格を意識する方もいますが、ディーラーによっては、30万円からの大幅な値引きを受けることも可能になっており、イメージ以上に低額での購入も可能になっています。

インターネット上の比較サイトには、多くのユーザの口コミも掲載されています。

プライベートでの利用は勿論のこと、その積載量の多さにより、ビジネスシーンでの利用にも十分に耐えうる点が多くの方に支持をされている理由でもあります。

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_topnavi_space

3列シートの室内は、身長が高い大人が座ってもゆったり過ごすことが可能になる広々とした空間を提供しています。

インパネ周りを始めとして随所に高級感も漂い、日々の乗車を楽しいものにしてくれる作りになってもいます。

トヨタの誇るV6エンジンは、街中での走行を快適にすることは勿論のこと、起伏の激しい山道であっても、柔軟なステアリングを提供してくれるものです。

路上の感覚をダイレクトに伝えてくれる走りを実現しながら低燃費を実現している高級ミニバンがあれば、仕事でもプライベートでも満足いく走りを実現出来るものです。

ハイブリッド車両の登場により、高級ミニバンでありながら乗用車なみの低燃費を実現している点もアルファードが多くの方に支持をされている理由でもあります。

エンジンとモーターを電子制御により効率よく稼働させていくことで、高い燃費効率を実現していきます。

車情報サイトでも多くの方が高い評価を与えるミニバンとして、これから大型車両の購入を考える方が数多く支持をしてもいます。

家族で遠方に出かける事が多い方や、仕事で多くの荷物を積載する機会が多い場合には、アルファードのように広大な居住空間と低燃費を兼ね備えた車両の導入を検討していくのも良いものです。

ハイブリッドによる低燃費により、どのような走行シーンでも満足いく走りを実現していき、常に快適な走りを実現出来るようになるものです。

長く乗れる高級ミニバンとして、初めて大型車両の購入を検討する方におすすめの車両です。

スポンサードリンク

アルファードはハイブリッドだけではない。ガソリンタイプも販売されている

引用:https://toyota.jp/alphard/performance/?padid=ag341_from_alphard_navi_perf

トヨタアルファードはミニバン型のハイグレード車で、その最大の特徴はゆったりと寛げる広い車内空間です。

高級感あふれる革張りシートに加え、足を伸ばせるパワーオットマンを装備しており長く乗っていてもストレスを感じません。

贅沢なドライブが実現できるアルファードには、ハイブリッド車とガソリン車が用意されています。

ハイブリッドのメリットは、やはり低燃費なことでしょう。

しかも税制面での優遇もありお得感があります。

しかしガソリン車も負けておらず、販売価格はもともと低く設定されていますし、新型ならば減税対象に該当し価格だけで判断するならむしろ好条件でしょう。

またハイブリッド車と比較した場合に、アクセルの踏み込みに対する反応がパワフルで、市街地など信号が多い環境ではやや劣るものの、郊外や高速道路などは走行性能を十分に発揮します。

もしも故障したとき、構造が複雑でない分修理費が低く抑えられるガソリンタイプを選ぶメリットはいくつか挙げられます。

では装備の面で違いはあるのかといえば、外観で大きな違いはありません。

エンブレムの色および当然ですがロゴにハイブリッドの文字が並ぶ程度です。

引用:https://toyota.jp/alphard/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_alphard_operation_topnavi_eng_hv

低速走行時に電気に切り替わる静音設計による、歩行者に接近したとき音で知らせるシステムはガソリンタイプには装備されません。

一方ハイブリッドにはない装備に、ロングスライドシートがあります。1メートル以上スライドできるので、十分に足が伸ばせます。

最後尾のシートの背もたれを倒しセカンドシートを助手席後方に着けるようにスライドすれば、広いスペースが生まれ大きな荷物でも楽に運ぶことができます。

小物がたくさん入れられるコンソールボックスは、グレードによって異なり装備されないことがあります。

その他機能の違いからドライブモードスイッチには、ハイブリッド車の場合はガソリンを利用せずに電気で走行できるモードが存在し、深夜や早朝など静音走行したいときには便利な機能があります。

それ以外のエコドライブモードはどちらのタイプにも装備されてますから、燃費が気になるときには有効です。

アルファードは運転支援装置があり車両や自転車、歩行者をセンサーで検出すると、警報やブレーキ制御により事故を未然に回避できるようにします。

道路の白線などを逸脱する際にも警報およびハンドル操作を補助したり、ふらつきやカーブなども同様に補助します。

その他道路標識の見落としを無くすためディスプレーに表示したり、車間距離を制御するなど安全面での機能も充実しています。

スポンサードリンク

アルファードの燃費ってどれくらい?

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/hy_g/?padid=ag341_from_alphard_grade_hy_g_thumb

トヨタから販売されているアルファードですが、とても売れ行きがいいそうで納期までに4か月から5カ月ほど時間がかかるようです。

最上級ミニバンと銘うって販売しているだけに、内装も高級感に満ち溢れ車内空間もずいぶん広くなっています。

最近では、今まではクラウンやレクサスなどを公用車や社用車としていた役所や企業がアフファードへと乗り換えをすることも増えてきているそうです。

アルファードにはエンジン車とハイブリット車があります。

ハイブリット車だとエンジンだけで走行するわけではないので燃費もエンジン車に比べたら幾分はいいかもしれませんが、重厚感のある車ゆえに、車体の大きさや重さがネックとなるのは間違いありません。

そこで、どれくらい走るのかを比べてみました。

トヨタから公表されている燃費はグレードにもよりますが、ハイブリット車だと1Lに付き18.4kmエンジン車はグレードの低い物だと12.8kmとなります。

低グレードの物とハイブリット車のもとのでは車体価格ににして200万円ほど価格差があり、ハイブリット車の方が高額という事になりますが、燃費の面だけで考えるとよく走ることが出来るので経済的です。

ですが、実際はどうなのでしょう。

自動車販売会社より公表されている燃費より、ずいぶんと誤差を感じる事もあります。

そこで高速道路と普段使いの時とのアルファードオーナーの方の声をのぞいてみると

《ハイブリット車》

  • 高速道路14~16km
  • 普段使い12~14km

《ガソリン車》

  • 高速道路13~14km
  • 普段使い11~12km

というような結果が見えてきました。

こう見るとハイブリット車もエンジン車もそんなに変わりがないように見えます。

トヨタから公表されているものと比べるとハイブリット車の事に関しては少し盛りすぎているかなとも思えますが、運転の技術や道路の状態によって変わってくるという事なのでしょう。誤差の範囲内です。

車体価格が高い車ですが、乗り心地や内装などの事とのコストパフォーマンスとして考えるととても良いとされる方が多いようですが、後付けするオプションの価格が部品の性能に比べて高く感じるとの口コミも多いようです。

そいう事を含めてもアルファードを購入しての満足度は高いという結果が出ていますので、アルファードオーナーになる方にとっては燃費に関する事は購入する時の最重要関心事ではないという事でしょうか。

最高級ミニバンはすべてをひっくるめて最高だという事でしょうか。

トヨタ・アルファード ハイブリッドモデルとガソリン車との燃費の違いについてのまとめ

トヨタ・アルファードのハイブリッドモデルとガソリン車の燃費の違いなどについて紹介しました。

ガソリンの値段が高騰している昨今、自動車の燃費については購入を考える時の重要なポイントですよね。

比較してみると、どちらもそれほど大差はないように見えました。

それぞれにメリットがありますので、後で後悔しないためにも、ここは十分に検討すべきポイントだと言えますね。


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

 

カーライフの必需品のご案内

カーライフの必需品!だれでも欲しがるきっと役立つ便利グッズ。 あなたに最適なグッズが見つかりますよ!

女性でもできるカバーの着脱がラクラク

ワンタッチ式アウトドア用テント

大人2人が60秒で簡単に設営・収納ができる、ワンタッチ式イベント&アウトドア用テントです。
すぐ出せて、すぐ仕舞えて、すごく軽くて、強いので安心して使えます。



車の中に泊まって快適&節約旅行!

あると便利!車中泊関連商品はこちら

車洗車用高圧洗浄機でピッカピカ!

車の掃除・洗浄が楽に楽しく!

首都・阪神高速料金の最安値、お得なETCカード!!

割引率が高くお得なカードを使って有効活用を!

どんなにくすんだメッキも、錆びたメッキも、ピカピカ

貴方の愛車のパーツをピカピカにします!

大量にオイル交換するので安くていいオイルを探している方必見!

高品質ながら低価格を実現したモーターオイルがおすすめ!

大切な愛車を守る高感度衝撃センサーが警報を響かせ不審者を威嚇し寄せつけるない!

簡単セキュリティーキットでいたずらや盗難から愛車を守る!

3年間耐久の車のガラスコーティング剤でスッキリ!

愛車を最高の状態で保ち光沢を大幅UP!

コンセントも使える巨大モバイルバッテリーで安心!

高性能でパワフルなもっとも売れてるポータブル電源!

ロックしてしまった鍵のトラブルすばやく解決

やっちまったご自宅の玄関・車・スーツケース・金庫どんな鍵にも対応!