下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


根強い人気を誇る高級ミニバンのトヨタアルファード。

アルファードの購入を考える場合、同じくトヨタエスティマと比較して検討する方も多いと思います。

スタイル、価格、燃費などなど、よく見てみると似て非なる個性を持つこの2車種。

この記事では、アルファードとエスティマの価格・大きさ・燃費を比較して紹介していきます。

 

スポンサードリンク

トヨタアルファードvSトヨタ・エスティマ価格比較勝負

2000年代から2010年代にかけては多人数乗車の可能なミニバンの人気が安定的となり、各自動車メーカーからは小型から大型のミニバンが販売されています。

いずれも好調な売れ行きを示していますが、ラージサイズミニバンの中でも圧倒的な人気を誇っているのがトヨタ・アルファードです。

トヨタ店やトヨペット店を中心に販売されている高級タイプのミニバンで、ベーシックなグレードでもおよそ335万円から、高級グレードになるとおよそ735万円と、高額な価格設定となっています。

兄弟車にはネッツ店専売のヴェルファイアがありますが、2017年のマイナーチェンジでアルファードのフロントマスクが大幅に迫力アップをしてから人気が逆転。

とはいえこの両車は名実ともにトヨタ最高級ミニバンとしての地位を固めています。

引用:https://toyota.jp/estima/style/

一方で1990年に初代がデビューして現在は3代目となっているエスティマも、カローラ店のフラッグシップミニバンとして、安定した人気を集めています。

独特の卵型のフォルムには根強いファンが多く、ラージサイズミニバンでありながら威圧感の少ないデザインですので、押出感の強いデザインを好まない人に訴求力が強いモデルです。

ここでは同じメーカー内のライバル関係でもある「vSトヨタ・エスティマ」という観点で、そのなかでも重視する人の多い「価格」に関しての比較をしていきましょう。

先述したように最廉価グレード(X・2WD)でも335万円程度となっているアルファードに対し、エスティマは最廉価グレードのアエラス(2WD)の価格が約327万円です。

大きな違いはありませんが、安全装備に関しては最新のトヨタセーフティセンスが備わるアルファードに対して、エスティマのトヨタセーフティセンスは前世代の性能にとどまっているという違いがあります。

具体的には歩行者検知機能やオートハイビーム、誤発進防止機能などがエスティマのトヨタセーフティセンスには搭載されていないということですので、安全性の観点では一歩譲るものと考えて良いでしょう。

上級モデルとなるアエラスハイブリッドプレミアムGはおよそ492万円と、ハイブリッドエグゼクティブラウンジで約735万円となり差が開きます。

装備に関しては圧倒的にアルファードが上質で最新のものが備わり、居住性に関しても上回っていますが、比較的リーズナブルな価格で最上級モデルに手が届くエスティマも魅力的です。

値引き額はエスティマが大きくなる傾向もありますので、売れ筋の中間グレードの総支払額で比較してみるのも面白いものです。

スポンサードリンク

大きさはどちらが上かアルファードvSトヨタ・エスティマ

近年はSUVやミニバンタイプの自動車が人気を博しています。

その理由としましては、内部空間が広く、居住性に優れているからです。人がたくさん乗車できるだけでなく、荷物も多く載せることができる点から、特にミニバンの人気は高いと言えるでしょう。

そのミニバン市場において特に高い人気を誇っている車種が、トヨタ自動車が製造、販売しているアルファードとエスティマです。

どちらもミニバンスタイルの自動車ですが、若干キャラクター性が異なります。

アルファードはラグジュアリー性を追求したもので、エスティマは日常使いからレジャーまで幅広い用途で活用できる自動車として開発が進められました。

ですから、形状も異なります。

ミニバンで最初に気になるのが内部空間の大きさです。

アルファードvSトヨタ・エスティマとした場合、内部空間が大きいのはアルファードです。

その理由は天井にあります。エスティマの天井は角ばっておらず、丸みを帯びた形状となっています。

ですから、天井の隅が隅切りされた分だけ内部空間がカットされた形となります。

それ故に若干エスティマの方が内部空間が小さく感じてしまうのです。

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

しかしながら、室内長や幅はほとんど変わりませんので、前席と後席の間隔やシート幅などはほぼ同じです。

どちらの車種でも圧迫感を感じることはないでしょう。

外観を見たとき、アルファードの方がエスティマよりも大きく感じます。

それは、前述のとおり、天井の角が隅切りされていないからです。

四角の形状をした自動車と楕円の形状をした自動車という具合に区別することが出来ます。

それ故に外観でもエスティマが若干小さく見えます。

実際に車体の全高はエスティマの方が少し低いので、当然のことなのかもしれません。

外観ではエスティマの方が小さく見えてしまいますが、実際に車内に乗り込んでみると、広い室内空間が広がっています。

これはエスティマが低床のデザインとしたことによります。

日常使いからレジャーまで、マルチパーパスな用途で用いられることを前提としていますので、外観の大きさではエスティマが小さく見えます。

同じトヨタ自動車が製造、販売しているミニバンですが、上手にキャラクター分けがされているのです。

ラグジュアリー性を求めるなら大きさが大きくなりますし、日常使いを重視するなら若干小さくなります

このように選択肢が用意されていることは、消費者にとって有難いことと言えるでしょう。

スポンサードリンク

燃費で比較するアルファードvSトヨタ・エスティマ

現代の自動車業界は、SUVやミニバンタイプの自動車が人気を博す時代となっています。

その中でも、ミニバンタイプの自動車は多くの人を乗せることができ、多くの荷物を積載できる利便性があることから、高い人気があります。

ミニバンのカテゴリーの中で常に人気上位に位置しているのがアルファードとエスティマです。

自動車を購入しようとしている人が気になるのが、デザインや室内空間の居住性などに加え、燃費です。

それは、不景気という時代背景が大きく影響しています。

自動車にかける経済的負担を少しでも少なくしたいというのが、消費者の本音なのです。

それ故に、近年ではハイブリッド車をラインナップに加える車種が急増しています。

燃費をアルファードvSトヨタ・エスティマとして比較した場合、同一のパワートレインで比較しなければ意味がありません。

それは、両車種ともにハイブリッド車がラインナップとして加えられているからです。

ガソリン車ならガソリン車どうし、ハイブリッド車どうしでの比較が必要となります。

燃費を比較する上で重要な要素となってくるのが車体の重量です。

引用:https://toyota.jp/estima/gallery/

車体の重量は両車種を比べたとき、ほぼ同じ車格の自動車ですが、若干アルファードの方が大きく、そして重量も若干重くなっています。

パワートレインは同じとして比較する場合、重量の差で決まると言っても過言ではありません。

それ故に、若干エスティマの方が燃費は有利と言えます。

それはガソリン車でもハイブリッド車でも同様です。

その理由としましては、エスティマは実用性を重視した構造となっているため、装備が軽くなっています。

他方、アルファードはラグジュアリーを追求した作りを目指した自動車ですので、装備品が多くなり、それがエスティマとの重量の差となっているのです。

しかし、両車種がそれほどかけ離れた数値ではなく、車格もほぼ同一であることから、性能差は僅差と言えるでしょう。

このように、アルファードとエスティマの燃費を比較すると、数値上ではエスティマの方が若干優れていますが、実際に自動車を使用する際は人が乗り、荷物を載せます。その積載重量によって数値は異なってきます。

場合によってはエスティマが不利となることもあるでしょう。

ですので、結論としましては、両車種はほぼ同性能であり、同じパワートレインどうしで比較すればガソリン消費量もほぼ同じと認識して良い範疇と言えます。

キャラクターは違えど、性能は両車種共に優れています。

トヨタ・アルファードVSトヨタ・エスティマとの価格や燃費比較のまとめ

トヨタの人気車種、アルファードとエスティマを比較して紹介してきました。

似ているようで、どちらの車種もそれぞれの個性を持ち合わせており、オーナーを満足させることは間違いありません。

大きさを選ぶか、スタイルを重視するか、燃費で考えるか悩むところですね。

あとは、ディーラーに赴いて実際に体感することで、決め手になるポイントを発見できるのではないでしょうか?

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク