下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


「アルファード」と「ヴェルファイア」はトヨタを代表する高級ミニバンです。

颯爽と走り抜ける姿を、街でもアウトドアでもとてもよく目にする人気の車種です。

見慣れないと、アルファードとヴェルファイヤの違いが良く分からない…という方もいるのではないでしょうか?

この記事では、アルファードとベルファイヤの価格、大きさ、燃費を比較していきたいと思います。

スポンサードリンク

価格と機能で比較するアルファードvSトヨタ・ヴェルファイア

アルファードは、大型LLクラスのミニバンタイプの高級乗用車です。

2015年から3世代目が流通しており、グレードも時代と共に細分化されてきています。

ガソリン車とハイブリッド車が展開されており、環境を意識したシステムを導入する事で、低燃費でも効率的に走行する事が可能です。

一方で、vSトヨタ・ヴェルファイアも同じ自動車メーカーで開発・販売されていますが、この車種はアルファードと姉妹車の関係になり、その違いはvSトヨタ・ヴェルファイアの方が力強さや先進性を謳っており、フロントマスクは、上下2分割のヘッドライトを採用していますので尖鋭的なデザインに仕上がっています。

リヤはクリアタイプのコンビネーションレンズを採用して差別化を図っていますが、エンジンや室内装備などはアルファードと共通化されており、この辺でメーカーは製造コストを抑えて価格に反映してます。

価格面で見ていきますと、アルファードは330万円から550万円までの価格帯で販売されており、ヴェルファイアは330万円から436万円ぐらいの価格帯で販売されています。

中古市場の場合はより安く販売されている事が多く、コスト重視であれば、状態の良い中古車を探すのも良い選択肢です。

https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

基本的にはどちらの車種も性能面で大きな差を感じるシーンは少ないですので、ヴェルファイアのような尖って力強さを感じるフォルムが好きな場合はヴェルファイアを選択すれば、ユーザーの満足度が高いでしょう。

アルファードの最上級グレードであるHYBRID G Fパッケージには、レーダークルーズコントロールやインテリジェントクリアランスソナー、T-Connect SDナビゲーションシステム・JBLプレミアムサウンドシステム・パノラミックビューモニターや12.1型のリアシートエンターテインメントシステムやDCMとルーフアンテナの組み合わせで標準装備されています。

補助確認装置がを外して、オート電動格納式リモコンカラードドアミラーに左右カメラとヒーターとレインクリアリング機能を追加されました。

シートは表皮にセミアニリン本革を採用しており、セカンドシートにおいてはエグゼクティブラウンジシートを採用しています。

オリーブ・アッシュパール木目調となっている木目調パネルであり、内装色はブラックとフラクセンが用意されていますが、ブラックは通常の色となっており、フラクセンは注文をしなければいけません。

スポンサードリンク

アルファードvSトヨタ・ヴェルファイアの大きさの違いと比較

https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファードvSトヨタ・ヴェルファイアというのはよく耳にしますが、どちらもトヨタの高級ミニバンとして販売されています。

姉妹車という位置づけで、主要な部品の設計を共通としながらも外観などで違いを出しています

基本的な性能は同じですが、見た目などに差異があります。

特にミニバンの場合、大きさに比重をおく方が多いです。

アルファードとヴェルファイアは、ボディーサイズが違うグレードがあることを知っておきましょう。

アルファードの全長は4,915mmですが、ヴェルファイアは4,930mmです。

全幅は1,850mmと変わりありません。

全高は1,880mm~1,950mmとグレードにより差が出ます。

アルファードは2002年に誕生し、上品さや洗練された雰囲気を特徴としたミニバンです。

グレードが上がるにつれて内装が豪華になるという特徴もあります。

一方ヴェルファイアは、力強さや先進性をうたっていて、グレードが上がると外観の方に差が出るというのが特徴です。

全長の違いがデザインや外観によってより大きく見えることがありますが、実際の数字で見るとそれほどの違いではないことが分かります。

どちらかというとヴェルファイアの方が外観に力を入れていて、社外パーツも多いです。

最上級ミニバンとして販売されている車ですが、その人気は高くヴェルファイアが後から販売されました。

どちらも車としての機能にはそれほど違いがありません。

けれども、外観などでそれぞれに多くのファンがいるということが分かります。

違いがあるからこそ選ぶ楽しみがあり、好みによって選択の幅が広がります。

https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

同じ車種でもグレードによって内装や大きさが変わることも選択肢を広げています。

基本的な部分は同じ車ですので、好みで選んで問題はありません。

ただ取り扱いが異なるので、買う際には注意が必要です。

アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で取り扱っています。

ディーラーに行く際には、どこでどの車種を扱っているかなどを調べてから行くと安心です。

両者を比較する際には、実際に車を見て試乗するのが1番です。

大きな車なので運転が難しいと思われるかもしませんが、実際に乗ってみると全体的に四角いので思いのほか運転しやすいという声が多いです。

実際に大きさを体感することもできますので、気になったらどちらとも試乗するというのがおすすめです。

カラーなどによっても大きさが大きく見えたり小さく見えることもあります。

スポンサードリンク

アルファードvSトヨタ・ヴェルファイアを燃費で検証します

https://toyota.jp/alphard/performance/?padid=ag341_from_alphard_navi_perf

アルファードvSトヨタ・ヴェルファイアというのは、よく見かける構図です。

しかし、トヨタの最上級ミニバンとして2002年に誕生したアルファードの姉妹車としてヴェルファイアが2008年に発売されたたため基本的な構造などは同じです。

全長などに差異はありますが、全幅と全高に関しては全く同じ数字です。

大型サイズのミニバンなので重量があり、あまり燃費がいいとは思われません。

しかし、両者を比較すると思っていた以上にいい数字が出ることに気づきます。

まずヴェルファイアですが、ガソリン車とハイブリッド車が用意され、ガソリン車には2.5Lと3.5Lの2種類に分かれます。

グレードなどにもよりますが、公式のものではハイブリッド車は18.4km~19.4km/Lという数字です。

ガソリン車の場合は、10.4km~12.8km/Lという数字なります。思ったよりも高い数字だと感じるのではないでしょうか。

ただこれは公式から出ているものなので、実際の数字とは異なります。

実際に乗っていると13km/Lというのが平均的なようです。

ハイブリッド車であれば15km/Lと数字も上がり、さらに高速なら17km/Lまで伸びます。

エコモードなどが搭載されていて、一般道や高速道路など走る状態によっても大分変ることが分かります。

一方、アルファードですがガソリン車で9.1km~12.8km/L、ハイブリッド車で18.4km~19.4km/Lと公式から出ています。

ガソリン車はそれほど違いがありませんが、ハイブリッド車の場合は同じ数字になっています。

エンジンの排気量はもちろん、オプションを付けることにより車両の重量が変わることで燃費も変わります。

同じ車種でも異なりますので、自分が選んだものを確認することがあります。

そして、気になるのは実際に走った時の燃費です。

一般道で9km/L、高速では12km/Lというのが多くの人の意見です。

このように、姉妹車でも燃費が違うことが分かりました。

同じアルファードの中でも違いがありますので、よく考えて購入するようにしましょう。

ハイブリッド車の方がもちろん燃費はいいですが、一般道ではそこまで違いを感じないという声もあります。

ガソリン車はエンジンのサイズやオプションに合わせて数字が変化しますので、希望する車種に合わせて数字をよく確認します。

こうすることで、安心してアルファードに乗ることができるでしょう。

トヨタ・アルファードVSトヨタ・ヴェルファイアの価格や大きさと燃費の比較まとめ

いかがでしたか?

価格、大きさ、燃費の視点からアルファードとヴェルファイヤを比較してみました。

比較してみると、性能面では大きな違いはありませんでしたが、外観や燃費などそれぞれの特色や違いがありました。

どちらを選ぶか悩むときは、実際にディーラーに赴き試乗して体感してみるといいでしょう。

目で見ただけでは分からない良さを実感できるかもしれません。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

 

カーライフの必需品のご案内

カーライフの必需品!だれでも欲しがるきっと役立つ便利グッズ。 あなたに最適なグッズが見つかりますよ!

女性でもできるカバーの着脱がラクラク

ワンタッチ式アウトドア用テント

大人2人が60秒で簡単に設営・収納ができる、ワンタッチ式イベント&アウトドア用テントです。
すぐ出せて、すぐ仕舞えて、すごく軽くて、強いので安心して使えます。



車の中に泊まって快適&節約旅行!

あると便利!車中泊関連商品はこちら

車洗車用高圧洗浄機でピッカピカ!

車の掃除・洗浄が楽に楽しく!

首都・阪神高速料金の最安値、お得なETCカード!!

割引率が高くお得なカードを使って有効活用を!

どんなにくすんだメッキも、錆びたメッキも、ピカピカ

貴方の愛車のパーツをピカピカにします!

大量にオイル交換するので安くていいオイルを探している方必見!

高品質ながら低価格を実現したモーターオイルがおすすめ!

大切な愛車を守る高感度衝撃センサーが警報を響かせ不審者を威嚇し寄せつけるない!

簡単セキュリティーキットでいたずらや盗難から愛車を守る!

3年間耐久の車のガラスコーティング剤でスッキリ!

愛車を最高の状態で保ち光沢を大幅UP!

コンセントも使える巨大モバイルバッテリーで安心!

高性能でパワフルなもっとも売れてるポータブル電源!

ロックしてしまった鍵のトラブルすばやく解決

やっちまったご自宅の玄関・車・スーツケース・金庫どんな鍵にも対応!