下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


2002年に初代アルファードが登場してから15年。

ユーザーの期待に応えてくれるべく進化し続けてきた、高級ミニバンの人気トップクラスのトヨタ・アルファード。

この記事では、そんなアルファードが旧型から新型へとどのように変わったてきたのかを、年式による比較もしながら紹介していきます。

 

スポンサードリンク

現行アルファードの新型の変更点について

 

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

トヨタアルファードの現行モデルは3代目であり、2015年に登場しました。

現在は2017年にマイナーチェンジを行ったモデルが最新型です。

まず、新型ではバンパーの形状やヘッドライトなど、エクステリアが大幅に変わりました。

元々2015年に登場した現行モデル自体グリルはかなりの存在感を持ったデザインとなっていましたが、よりスタイリッシュさが強調されるデザインに変化しました。

ウインカーも流れるウィンカーを採用しており、最新のトレンドを取り入れています。

インテリアデザインも質感が向上しました。

元々質感は高く、高級ミニバンとして内装はしっかりとしていましたが、パネルのメーターの加飾やデザイン、シートのカラーや素材などが変更されてより上質な仕上がりに変わりました。

ただし、これらの点はもともと高級感はあったのと、目について大きく変化した部分は少ないので、パッと見ただけではエクステリアとは異なってあまり違いが分かる物ではありません。

引用:https://toyota.jp/alphard/compare/

3.5Lエンジンのモデルは、エンジンの変更がなされました。

アイドリングストップ機能が追加されて、ATは6速から8速に変わりました。

これによって燃費は向上しています。出力もマイナーチェンジ前と比べて21ps&17Nmアップしています。

モデル全体で言えば、構造用接着剤の利用する箇所を増やし、高剛性ガラス接着剤を採用しました。

それによってボディ剛性が高められたので、きびきびと動き、操縦安定性が増しました。そのため、走行性能もマイナーチェンジにより向上しています。

その他にも、電動両側スライドドアの追加、運転支援システムであるレーントレーシングアシストの採用、トヨタセーフティセンスPを全車標準搭載するなど、快適性や安全性を高める変更がなされています。

全体的な満足度で言えば、旧型を改善してさらに高みを目指して作られた新型の現行アルファードの方が満足度の高い仕上がりとなっていますので、買い替えもおすすめです。

リセールバリューを意識してモデルを選びたいなら、ハイブリッドモデルが人気です。

ガソリン車もパワーが出るので走りを楽しむことができますが、最近は燃費を意識する層が増えているので、中古車市場ではハイブリッドの方が人気があり、評価は高くなります。

もともとアルファードは値落ちがあまり急激にしないのが特徴ですが、乗り換えをする時に少しでも高く売りたいなら、ハイブリッドの方を選んだほうが良いでしょう。”

スポンサードリンク

旧型とモデルチェンジ後のアルファードを比較する

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファードは2002年に自動車メーカーの主力のミニバンの車種として登場し、現行で3代目のモデルとなります。

何時も最上級である事を目指し進化し続けてきましたが、2017年の12月に行われたマイナーチェンジによって、もっと快適で高級感や安全性が高くなりました。

ゴージャスさと品格は旧型そのままに、ダイナミックな進化をしたエクステリアや上質でセンス良く仕上げたインテリアなど注目するポイントが多いです。

アルファードは、初代が2002年に登場し、3代目のモデルが2015年に発売された主力の車種となるミニバンになります。

ミニバンという分野に拘らず、大空間高級サルーンをテーマに掲げて高級車に進化してきました。

2015年の1月から2017年の12月まで販売していたモデルを旧型、2017年の12月にマイナーチェンジを果たしたモデルを新型として比べてみると、旧型のアルファードは最上級のグレードであるエグゼクティブラウンジは標準ボディにしか設定されていなかったのですが、マイナーチェンジによってエアロボディの方にもエグゼクティブラウンジSという豪華な装備が魅力的なクラスが新しく設定されました。

引用:https://toyota.jp/alphard/cp/review/?padid=ag506_from_alphard_compare_pc_go_reviewPage

そしてハイブリッド車のエアロボディにSというベースグレードが追加され、ガソリン車のエアロボディにSAグレードとガソリン車の標準ボディの8人乗りのGグレードが廃止されたのです。

パワートレーンは3種類のバリエーションがありモーターと2.5リットルのエンジンのハイブリッドと2.5リットルのガソリン車、3.5リットルのガソリン車となっています。

最上級のグレードであるエグゼクティブラウンジとエグゼクティブラウンジSに関しては3.5リットルのガソリン車とハイブリッド車だけの設定となっていて、2.5リットルのガソリン車は選ぶ事が出来ないので注意が必要です。

その一方で8人乗りの方には3.5リットルのガソリン車の設定が用意されていません。

エクステリアは旧型のスタイリングをそのまま継承しながらもバンパーとリヤコンビネーションランプ、グリル・リヤガーニッシュの形状をモデルチェンジし、ダイナミックで高級感のある印象に進化したのです。

ボディタイプはエアロボディと標準ボディの2種類があり、重心の低さを強調している重厚感がある形状に仕上げています。他にも自動車メーカーのオプションとして光が流れるシーケンシャルターンランプと呼ばれるウインカーを設定しているのです。

スポンサードリンク

アルファードは年式による比較が大切

アルファードは、トヨタ自動車が製造、販売している人気の高いミニバンです。

大容量の室内空間が確保されつつ、運転では取り回しがしやすいボディサイズに設定され、幅広い層から高い支持を受けています。

そのような人気の高い自動車ゆえに、年次改良やマイナーチェンジ、そしてフルモデルチェンジに高い関心を寄せている人は多いのです。

アルファードは年次改良が行われる車種です。

ですから、年式によって性能やデザインなどがブラッシュアップされ、より洗練された自動車へと進化を続けています。

アルファードの購入を検討している人にとって、年式ごとの違いを比較することは重要なことです。

年次改良という響きからすれば小改良というイメージですが、この車種になりますと、人気のミニバン市場ということもあって大きな変更が加えられる可能性が大きいです。

まるでマイナーチェンジをしたかのような大きな変更がされる場合もあります。

デザイン面で変更が加えられた場合は分かりやすいのですが、性能面で変更点がある場合は実際に運転してみなくては違いが分かりません。

年式ごとの違いを比較するには、ただ外観を見て内装を見るだけでなく、実際に試乗してみることが大切です。ハンドリングがクイックになっていたり、加速性能が向上していたり、乗り心地が良くなっていたりするからです。

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_space_topnavi_interior

基本設計の完成度が高い車種だからこそ、改良を加えればそれがダイレクトに反映されます。

性能は目視できないので、試乗で確かめます。そして、もし自身が旧型のアルファードを所有していれば、その違いに気がつくことでしょう。

年次改良でもそれほどの違いを感じることができます。

ですから、マイナーチェンジとなると、もはやフルモデルチェンジに近い改良が加えられます。

デザイン面は大胆に変更される傾向にありますので、目で見て確認することが出来ます。

そして、性能面でも別の自動車に進化してしまったかのような大幅な改良が加えられます。

その時運転してみればとても扱いやすい旧型車でも、新型車を試乗すれば大きく進化したことを実感できます。

アルファードは人気の車種ゆえに乗りかえサイクルも早い自動車です。

初度車検で乗りかえるという人も多くいます。

そのような人は、年式ごとにデザイン面や性能を比較して違いを把握しているのです。

年次改良で大きく改良されたことを確認するためにも、年式ごとの比較は購入時に大切になってくるのです。

【トヨタ・アルファード】新型と旧型の違いや年式による比較について のまとめ

トヨタ・アルファードは、マイナーチェンジを経て現在の3代目が最新型ですが、エクステリア・インテリアともに様々に進化してきましたね。

ご紹介したように、アルファードの購入を考える時は、見るだけではなく、実際に試乗し進化してきた性能を体で確かめることが大切です。

見ただけでは分かり得ない、アルファードのすばらしさを実感できるのではないでしょうか?

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク