下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタが誇る最高級ミニバン「アルファード」。

高級感あふれる居住空間やどんなシーンでも快適に乗りこなすことができる操作性は、揺るぐことなくトップクラスの人気を維持しています。

この記事では、そんなアルファードのタイヤサイズ、アルファードのサイズアップについて、また、タイヤ交換する場合の交換方法について紹介していきます。

スポンサードリンク

アルファードのタイヤサイズについて

自動車のタイヤは、安定した走りをするためには欠かせない存在です。

タイヤがツルツルの状態になっていれば、雨の時などはスリップしやすくなるなどとても危険な状態です。

タイヤには色々な形の水が溝がありますが、この溝があるお陰で悪天候の時でもスリップすることなく、安全な状態で走行出来るようになるわけです。

ところで、タイヤにはタイヤサイズがありますが、タイヤサイズはタイヤメーカーの規格でもあり、メーカーが異なるからと言ってサイズが異なることはありません。

その反面、車種に応じてサイズが異なるので、自分が所有している車のサイズは予め認識しておくと安心です。

アルファードは式やグレードなどに応じてタイヤの大きさが異なります

同じような車種でもグレードが違えば使えるパーツは変わる、年式に応じて利用可能なパーツが違って来るわけです。

トヨタの人気車種の一つでもあるヴェルファイアも同じですが、ASもしくはMXなどのグレードに応じて細かなサイズの違いがありますし、限定車や特別仕様車などでも違いがある、しかも前後ともに違いがあるのも特徴です。


引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/

ちなみに、タイヤのサイズ表記には、「205/60‐R15‐91H」などがありますが、205はタイヤの幅を意味しており205の場合は205mmになります。

60は扁平率を意味しており、60の場合は60%の扁平率になるわけです。R15のRは内部構造で、RもしくはDのいずれかになり、91Hはロードインデックス(91)と速度記号(H)などの意味を持ちます。

こうした表記の読み方を覚えておくことは大切なことですから、これを機会に自分の愛車の表記がどのようなものであるのかを確認しておくと良いでしょう。

アルファードの初代10系の場合は16~17インチが主流となりますが、一部カタログスペックとは異なるものもあり、アルファードGおよびVで違いを持つグレードも存在しています。

標準タイプの場合は、フロント側およびリア側両者とも「205/65‐R16‐95H」ですが

AS・MS・特別限定車などの場合は、フロントおよびリア側が「225/55‐R17‐95W」

二代目20系の350Xでは「215/60‐R17‐96H」

240・350Sなどでは「235/50‐R18‐97V」です。

このように、アルファードは世代やグレードに応じてタイヤサイズが異なることが分かるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

アルファードはサイズアップが実現しています

 

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファードは、トヨタが誇る最高級ミニバンとして高い人気を誇っています。

精悍なフォルムで多くの方に支持をされているアルファードは、快適な居住性も人気の理由です。

3列シートの車種の中でも、後部座席の余裕の広さは定評があります。

今回のマイナーチェンジにより、従来よりサイズアップが実現し、大人が座っても余裕を感じることが出来るようになっています。

単に広いだけではなく、収納スペースも十分な広さを誇り、音響設備も十分に整っている点も魅力です。

十分な積載量により、家族や知人とのアウトドアでの利用や、仕事での活用でも十分な利便性を誇っている高級ミニバンになっています。

サイズアップされた居住空間でありながら、エアバッグを装備する等の安全性も備わり、乗る方に安全で上質な空間を提供してもいます。

トヨタが誇るV6エンジンは、街中でも起伏の激しい山道でも快適なドライビングを実感させてくれます。

大型ミニバンでありながら、ハイブリッド仕様を誇るアルファードは低燃費での活用が可能になっていきます。

エンジンとモーターを電子制御で効率的に回していき、少ない燃費での長距離ドライブを実現することが可能です。

高級ミニバンということで、「購入価格は高額になるんだろうな…」という印象を持つ方もいますが、各ディーラーでは相応な割引を受けていくことも可能になっていますので、手頃な価格での購入も可能になっているんです。

車の情報サイトや口コミサイトでも、多くの方が絶大な支持をしていますね。

トヨタのミニバンの中でも高い人気を誇る車種なので、オプションパーツも豊富に揃っていて、自分流のアレンジを施していける点も多くのユーザに支持されている理由です。

長時間のドライブでも快適に過ごしていけるアルファードがあれば、休日のアウトドアドライブでも、仕事での利用においても間違いなく満足感を与えてくれるでしょう。

今回のマイナーチェンジによるサイズアップで、より利用のバリエーションは増えています。

ハイブリッド仕様のミニバンということもあり、大型車両でありながらリッター10キロという高い燃費も実現しています。

仕事でもプライベートでも、様々なシーンで幅広く快適に利用できる高級ミニバンです。

 

スポンサードリンク

アルファードのタイヤ交換 交換方法について

 

アルファードのタイヤ交換の交換方法は、新型30系と20系ではホイールサイズやタイヤサイズが異なります

履き替えるなら別ですが、交換だと形状や穴数が同じだとアルミホイールも装着出来ます。

有名なメーカーからデザイン性重視のメーカーでも、型式を気にしないでホイールも変えられます。

組み換えをするときもスペアタイヤに交換するときも作業手順は殆ど同じで、夏用と冬用でも基本的にホイールにセットされている限りは同じです。

交換方法は、平たんな場所に駐車をしてから、緊急時でも周囲と接触がないように路肩に駐車して安全を確認します。

シフトレンジをPにしてサイドブレーキを確実に引き、周囲とトラブルが起きない場所を選んでからタイヤ止めかや軍手を使います。室内の余分な荷物も固定または降ろします。

ホイールナットを緩めるときは、ホイールナットレンチまたはクロスレンチを使う事が多いですが、最近はトルクレンチを使うことも増えています。

初心者でも加減が解りやすくてデジタル計測で適切なトルクで締めることが可能です。

アルファードにオプション品のホイールキャップなどが装着してあるときは事前に外し、対角線上にナットを緩めますが果然にナットを取り外さずに緩めるだけにします。

これはジャッキアップした時に外れるのを防ぐためです。

ジャッキアップは両サイドにセットしないで、交換したい側のボディ横部分の下側にセットし、外側からは見えませんが下から覗くとジャッキ用の切りかきがあります。

重量はありますが、ジャッキ作業は工具を使って持ち上げることができます

「重いからウマが必要では?」と感じますが、片側を持ち上げるだけならジャッキだけでも問題はありません。

タイヤの設置面が少し浮くくらい上げたら、タイヤ外しの作業に入ります。

工具を使ってホイールナットを更に緩めて、レンチである程度緩めたら手作業で一つずつ取り外します。

無くしやすいのでどこかに保存すると安全で、ホイールごと外すのでしっかりと重さを受け止めます。

脚や膝などを怪我することもあるので慎重に外し、外したタイヤは車体の横に寝かせるのが良いです。

取付けは、ホイールを車に取り付けるときはずれないように動かして装着します。

ボルトの位置に合わせるのも力作業になるので、女性は力がある男性に依頼した方がよいかもしれません。

仮締めは対角線上に締めて、最後の締め作業では力加減に注意します。

トルクレンチを使うとカチッと音がして、締め付けトルクが適性になるのでおすすめです。

 

アルファードのタイヤサイズとサイズアップする場合の交換方法のまとめ

いかがでしたか?

タイヤは、安全快適で安定した走りをするためには、とても重要な部品ですよね。

アルファードでは年式はグレードによってタイヤサイズが異なることを紹介しました。

タイヤサイズの表記を読んで理解するのは難しく感じますが、覚えてしまえば簡単。

愛車の走りをしっかり保証するためには大事なポイントです。

タイヤの交換ですが、サイズアップする場合やスペアタイヤに交換する時など、いざという時に自分でもできるように身に着けることができれば安心ですね。

足回り部分もしっかりと理解し自分のものにすることで、より快適な運転につながることでしょう。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク