下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


ミニバンといわれる車種のなかでも常にトップクラスの人気を誇り、広く居心地のいい作りが定評のあるトヨタ・アルファード。

室内のアレンジ次第で、街乗りでもアウトドアでも様々なシーンで活躍してくれる車です。

この記事では、そんなアルファードの後部座席についての情報や気になる荷室容量、車中泊は可能か…についてを紹介していきます。

スポンサードリンク

アルファードは後部座席もエアバッグが搭載されています

引用:https://toyota.jp/alphard/safety/passive/

アルファードは、大人が乗車しても居心地が良く広い居住空間が魅力のミニバンとして人気を誇っています。

3列シートを誇る高級ミニバンでありながら、ハイブリッド車両も提供され、低燃費での乗車を可能にしている点が多くの方に好評を得ている理由です。

そんなアルファードですが、まずは後部座席について見ていきましょう。

ミニバンの多くは、後部座席の座り心地が他のシートに比べ良くない傾向があります。

ですが、アルファードの場合には、後部座席にもエアバッグが搭載されており安全面でも配慮がしっかりとされていて、他のミニバンに比べても丁寧な仕上がりになっています。

また、クリアな音質を提供してくれるスピーカーの搭載により、3列目とは思えないほどの快適な乗り心地を提供する点もアルファードが支持される理由です。

後部座席はスライド可能になっており、日々の乗り降りを快適にしています。

高低差の無いステップ高により、高齢者の方でも不安なく乗車出来る点も多くの方に人気を得ています。

また、後部座席は跳ね上げ式の格納方式になっていますので、大きな荷物を積載することも十分に可能です。

家族や知人でアウトドアを楽しみたい場合でも、仕事で多くの荷物を積載していく場合であっても、アルファードの広大なラゲッジスペースは、満足いく積載を実現する事が可能になります。

後部座席とは思えないほど幅広い用途での利用を可能にしていく収納スペースは、アルファードの大きな魅力の一つですね。

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_navi_topnavi_space

購入を考える方の中には、価格帯で悩んでいる方もいらっしゃると思います。

多くのディーラーで30万円以上もの高額な値引きを受けることも可能となっていますので、実質的にはそれ程の高値での購入にならないのが実状です。

車を専門に扱う情報サイトの多くで高い評価を受けている高級ミニバンのアルファード。

大型車両でありながら、乗用車なみな低燃費を実現している点は、ハイブリッド車の魅力です。

それに加え、トヨタの誇るV6エンジンは、街中でも山道のような悪路での走行でも期待に十分に応えてくれる快適な走りを実現してくれることでしょう。

エンジンとモーターを効率的に電子制御してくれる高級ミニバンのアルファードがあれば、仕事でもプライベートでも気分の良い走りを得ることが出来るものです。

初めて高級ミニバンを購入していく方にもおすすめできる大型車両として、多くの車情報サイトでも高い評価を受けてもいます。

家族での休日のアウトドアドライブにも、ビジネスシーンでの利用に於いても、常に安全で快適な乗り心地を提供してくれるのは間違いありません。

スポンサードリンク

アルファードの気になる荷室容量

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_contents_space

アルファードに乗りたい、購入したいと考えている方の多くで気になるのは荷室容量ではないでしょうか。

広い空間が使えるミニバンということは有名ではありますが、実際のところ量はどれくらい荷物を収められるかどうかは気になる部分です。

アルファードのシートは多様に動かすことができて、広い空間を作り出すことができるので、大勢が乗る時はシートをそのままにして、少人数や一人の時は空間を広く使えます。

3列目のシートは跳ね上げ式となっており、無駄にスペースを食うこともなく、その場所がそのまま荷室へと変化してくれます。

細かい部分にも収納スペースがありますから快適性にも優れている車種と言えるでしょう。

気になる荷室容量ですが、3列目のシートを跳ね上げて収納すれば2列目のシートをそのままでも120cm以上を確保でき、バックドアの開口部の高さは120cm弱あります。

2列目のシートを出来る限りスライドさせると180cm弱のスペースとなり、横の広さも狭い部分で90cmほどあり、ラゲッジスペースの床下収納も含めるともっと広く感じるはずです。

3列目のシートをそのままにしている状態だと、想像以上狭く感じて残念に思いますが、その時に利用したいのが床下収納になります。

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/

ラゲッジスペースにある床下収納は148Lの大容量となっており、開けた状態で空間の高さを高くする使い方もできます。

床下収納を開けた状態にしておけば、背の高い荷物を立てたまま積むこともできるでしょう。

人によって使い方はさまざまですが、トランクに入れておきたいものを常時入れたり、スペアタイヤを装着したりと荷室容量を確保してくれているのです。

車内を少しでもスッキリさせたいと考えている方は、床下収納を上手く利用すれば大丈夫。

普段はあまり多くの人が乗らない場合は3列目を収納しておいて、常に広いスペースを使える状態にしておくことで、たくさんの荷物を収納可能です。

荷物を収納する際には、室内を傷つけないようにマットなどを利用した方が良いかもしれません。

たくさんの荷物を収納できると同時にスペースも確保して、両方を叶えられるからこそ車中泊も気軽にできるようになっています。

遠方に出掛けるとなると荷物の量も多くなりがちですし、車中泊もできますから安心感があります。

ラゲッジルームにはルームランプがあり、電源コンセントも設定可能ですからアルファードは楽しく遊べる車と言えるでしょう

スポンサードリンク

アルファードでの車中泊は快適なのか

引用:https://toyota.jp/alphard/

室内空間をリラックスできるように設計され、車中泊もできるということで人気が高いミニバンがアルファード。

一見普通の車のように思えますが、シートを大きくスライドすることが可能なので室内のシートアレンジを工夫したり、空間を広く使えたりと車中泊ができる環境は整っています。

しかし、肝心なのは快適に過ごせるかといった問題。キャンピングカーと異なりミニバンですから制約される部分も多いので、実際のところはどうなのでしょうか。

車中泊をする理由。それは、時間や宿泊代を節約するため…という方が多いのではないでしょうか。

車中泊であれば、駐車するスペースがあればどこでも睡眠をとることが可能ですので、アクティブに活動したい時にはとても便利ですね。

ですが、快適に眠れないと意味がありませんし、普通の車で寝ているのと変わらないと感じるかもしれません。

後ろのシートをフルフラットにすることで広い空間が生まれて、段差もほぼありませんから眠ることができるスペースを作ることができます。

しかし、そのまま眠ってしまうと翌日に身体が痛くなってしまう可能性があります。

快適な眠りを確保するには、専用のマットの購入をするのもいいですし、市販の布団やマットを使えば、快適に眠る環境は格段にアップします。

 

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_contents_space

また、コンセントを繋ぐことで、寝ながらテレビを見たりお湯を沸かせて飲み物を飲んだりと、快適性は一気に上がります。

一点気をつけておかないといけないのが、外からの視線です。

そのままにしておくと外から丸見えになりますので、ゆっくり過ごすことはできないと思います。外から見えなくするためには、車内にカーテンを取り付けることで視線がなくなりますから安心感が生まれるでしょう。

人によっては寝る姿勢も異なりますし、また季節によっては暑かったり、寒かったりしますので温度管理や対策も忘れないようにしてください。

ニーズに応じて多様に広い空間を作りだすことができる、車中泊が可能なアルファード。

事前に快適性をアップさせるアイテムを用意しておくと車中泊がさらに快適なものになるでしょう。

そんな高級ミニバンのアルファードだからこそ実現できる快適な車中泊は、とても魅力的ですね。

低燃費でエコカー減税の対象にもなっているアルファードは、大人気の車種です。

アルファードの後部座席と荷室容量・車中泊についてのまとめ

広くて居心地のいい居住空間が人気の高級ミニバン、アルファード。

後部座席は用途に応じて幅広くスペースを作ることが可能で、随所にきめ細やかな配慮がされています。

荷室容量もたっぷり確保されているので、街乗りはもちろんアウトドア、そして車中泊などどんなシーンでも快適さを提供してくれるアルファードは、オーナーの思いに常に満足感をあたえてくれることと思います。

ぜひ、あなたもアルファードに乗ってこの満足感を体験してみてはいかがでしょうか?

▲▲おすすめ記事▲▲
【トヨタ・アルファード】の人気カラーは何か?色見本を参考に!
【トヨタ・アルファード】口コミと評価や評判はどう?
【トヨタ・アルファード】値引き相場や限度額はどのくらい?
【トヨタ・アルファード】改造パーツやカスタムのエアロパーツの詳細

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク