下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードに乗っていると、オイルの交換時期も気になってくる人もいるのではないでしょうか?

オイルの量や粘度など、トヨタ・アルファードのオイルについて、詳しくお話をしていきます。

スポンサードリンク

アルファードのエンジン不調はオイル交換をしてないせいかも

アルファードがエンジン不調になってきたらオイル交換をした方がよいかもしれません。

そのまま放置すると最悪エンジンが焼きついてしまうこともあります。

焼き付きはエンジン自体はエンジンオイルで潤滑されていて、シリンダー内にあるピストンが上下運動をして大きな力を生み出しますが、ピストンの上下運動を円滑に駆動するにはエンジンオイルを定期的にメンテナンスする必要があります。

オイルは走った走行距離数と期間で劣化するため、エンジン不調など不具合が起きてきます。

エンジンオイルの交換目安は車種や乗っている状況などによっても違いますが、半年に一度の交換が大体望ましいとされています

それを放置すると焼き付きなどを起こしてしまいますが、エンジン自体がロックなどをして動かなくなります。

エンジンが焼きつくとかなりの修理費用もかかります。

例えばある人がアルファードのエンジンを焼きつかせてしまった時には50万円もの修理費がかかったようです。

ここで問題になるのが高額な費用を払ってまで修理をするべきかです。

初代だと既にかなりの年月が経過していて、まだ乗り続けたい場合は高額な費用を支払うことでまた走れるようにはなります。

ただ、走行距離が既にかなり長くなっている時は他の部分も故障するリスクはあります

エンジン以外にもブレーキやトランスミッション、ステアリングなど重要なパーツは数多いです。

さらに車検もありますので、高い修理費を支払ってからさらに車検となるとかなりの出費になります。

そうなるといっそのこと同じアルファードの新型や中古車に乗り換えするという方法もあります。

ただ、新型だと価格もそれなりにするため修理費用と比べて躊躇するかもしれませんが、20系の中古車だと価格も下がっていてお手頃になっています。

2代目はCVTミッションに変更されたことで燃費がよくなって、経済的で年式も新しいので長く乗ることも出来ます。

予算に余裕があるともっと良いハイブリッドに乗り換えることも可能です。

将来的なことを考えると古いのを修理した場合は不安が残ります。

廃車にしたい時でも壊れた車や事故車でも値段がつけてもらえる廃車買取サービスもあります。

修理費の分を頭金にして新車などに買い替えるか、それとも高額な費用を払って故障のリスクがあっても乗り続けるかを考えると自然とどちらの方が将来的に安心できるかもわかってきます。

どちらにしてもエンジン不調を少しでも感じた時は、早めにオイル交換を行うことが一番大切です。

スポンサードリンク

アルファードのエンジンオイル量とオイル粘度の確認

自動車のエンジンには潤滑油の役割をしているエンジンオイルが必要です。

オイル交換を行うタイミングは一般的には走行距離や期間で決めることになりますが、実際は汚れを確認する、残量を確認して交換をするほうがよいと言えます

アルファードの場合はエンジンの排気量も大きいこと、ゆったりとクルージングに向いている車ということもあり高速道路を頻繁に使用するという人もいます。

このように街乗りを主に使っているのか、高速道路を使っているのによってオイルの交換タイミングなども変わります。

基本的にエンジンオイルは粘度というものがあり、オイルは温まってくると柔らかくなる性質ですが、オイル粘度が低いと柔らかくなりやすく、逆に高いと柔らかくなりにくくなります。

街乗りの場合はエンジンが冷えている状態で使うことが多いので、粘度が高いオイルの場合はエンジンに負荷がかかりオイルは汚れやすいです。

逆に高速走行が多い場合は高温になりやすく粘度が低いと劣化が早くなるのです。

このようなことを考えてオイル粘度は設定されているのです。

アルファードは特に出力の高いパワーがあるグレードの場合は5W-20といった粘度のものを使用して、燃費のいいグレードには0W-20といった粘度を使用することになります

オイル量は4リットル程度必要になり、オイルフィルターを交換する場合は0.5リットルほど多く必要ということです。

フィルターの役割は濾過して汚れを取り除くという役割になります。

走行距離が増えてくるとエンジン内部にも金属カスやカーボンなどがたまってくることになるため、定期的に濾過して交換しなければ性能も落ちてくることになり、故障の原因にもなります。

このようにアルファードもエンジンやグレードによってオイル粘度、オイル量が設定されていますので、走行距離やその期間と街乗りや高速走行が多いか、それら条件によって交換時期が変わるために、オイルの残量を確認して汚れ具合をチェックして交換をします。

劣化したオイルを使用しつづけると内部の摩擦抵抗が大きくなり、エンジンの負荷がかかった状態になるために、燃費が悪くなるので気をつけます

快適に走行を続ける、エンジンを長持ちさせるためにも定期的に交換をすること、アルファードに決められているエンジンオイル粘度とオイル量になるように適切に交換を行うということが、最終的には自動車も長持ちさせることができるので大切なことなのです。

スポンサードリンク

アルファードのオイル交換の費用について

アルファードに乗っていて気になるのがオイル交換の費用です。

オイル量4.7Lでエレメントも交換した場合、ある車専門の店だと約7000円、ディラーだと大体9000円程度かかるようです。

これも店舗などによって金額に差はありますが、けして安くはありません。

店にほっては会員にならなくてはいけなかったり、エレメントは取り寄せになったりするため予約なども必要です。

車体が大きいので交換の費用も高くなっています。

オイルは不明瞭な価格帯が存在していて、ガソリンスタンドやカー用品店での料金は販売点の利益も上乗せされます。

極力削減するためには自分で行うのも一つの方法で、何と2000円以下で行っている人もいます。

一般的に交換で必用な料金は、排気量2000CCの普通乗用車でオイル容量が4Lだとしたら、オイル台は約4000円で交換工賃がカー用品店だと約500円、ディラーなどで約2000円かかります。

オイルの単価もかなり幅広いのであくまで一般的な金額になりますが、平均で大体4500円から6000円ぐらいはかかります。

ガソリンスタンドだとオイルエレメントの交換や、フラッシングや冷却水の補充やウォッシャー液なども勧められます。

サービス体制としてはかなり良いですし、エンジンオイルやオイルエレメントの品質も石油メーカーなのでかなり良いですが、全て行うと1万円以上はします。

それぞれの補充やタイミングはあるので、他の部分も自己管理をきちんと行っていくことで交換費用も安く抑えることが出来ます。

管理に自信がない時は信頼できるガソリンスタンドなどに全てお任せする方が安心で、料金に関してもお手頃なスタンドもあるので事前に金額を確認しておくと良いです。

とにかく金額を削減したい時は自分で行うしかありません。

ただ、オイルなども自分で準備して専用の工具なども必要になり手間などもかかります。

自分で行うときは手動式オイルチェンジャーを使用し、上抜き方式の交換をします。

難しそうに感じますが工具なども不要で女性でも簡単に行えます。

最近の車は上抜きでオイルが抜けるように設計されていて、手動式オイルチェンジャーはネット通販でも安く販売されています。

オイルに関しても近くのカー用品店などでも良いですが、こちらも通販で安く買うことも可能で国内品に拘らない時には安価で品質も良い海外のオイルなども購入出来ます。

ネット通販で買うと自宅まで届けてくれますし、割引きクーポンなどもあるので、それを活用することで安く買えたりします

トヨタ・アルファードのオイル交換時期の目安やオイル量とオイル粘度についてのまとめ

いかがでしたか?

やはり、車を長持ちさせるためには、早めの交換やチェックが必要となるでしょう。

クーポンなどを上手く活用し、快適なドライビングが出来るように備えましょう。


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク