下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードに乗りたいと思っても、気になるところが、金銭面…。

そこで、ローンを組む場合や残価設定など、気になるお金について、お話していきます。

スポンサードリンク

アルファードをローンを組んで購入する

アルファードは高級車ですのでなかなか現金一括で購入というわけにはいきません。

ですので多くはローンを組んで購入することになります

長く支払っていくわけですのでどういった借り入れ方法がよいのかよく検討する必要があります。

最近人気なのが、「残価設定ローン」という形式のタイプでしょう。

もともとは海外の車メーカーが始めたとされるこのシステムは、3年から5年ほどを設定し支払っていきますが、最終回にその車、今回でしたらアルファードの売却額の相当金額を支払ってしまうという方法になります。

この方法ですと3年から5年後には車を売却するという前提で組みます

前もって3年から5年後のアルファードの買い取り金額を想定して、ローンの支払い額から引いておいた金額を分割して、毎月支払っていくこと方法です。

車によってはかなりお得になる方法ですが、長く車を乗り続けたいという人にはあまり向かないかもしれません。

支払い続け3年から5年たったローンが終了する時点で車を返却して借り入れ金を完済するか、残りを一括で支払って車を自分のものにするか決める必要があります。

頻繁に車を買い替えて新しい車に乗っていきたいという人にはよい方法ですし、金利も若干低めに設定されることが多いですので月々の支払いも払いやすい金額でしょう。

もうひとつの借り入れ支払い方法としては、3年以上長くアルファードに乗り続けたいという人は長期借り入れを組むことをおすすめします。

もし頭金がまったく用意できない場合でも長期であれば、月々の支払いは抑えられますので、負担にはなりにくいです

また決められた期間で支払ってしまえば最終的には車は本人のものになります。

この長期タイプは最近では10年で設定できるようになりましたので、月々の支払いはかなり抑えられます。

特にアルファードは高級車ですので、長い期間であればその間の負担もかなり減ります。

ディーラーなどで加入する場合には少し金利が高めに設定されることも多いですが、自分の車になりますので自由度も高いです。

この長期タイプはディーラーなどで組むと金利が高くなりますが、最近では銀行などが積極的にマイカーローンなどをすすめていますので、いくつか比較して探せば利用しやすい借り入れをおこなうことができます。

普段から給与口座などで利用している銀行や信用金庫などでしたら優遇などもあるかもしれませんので聞いてみるのもよいでしょう。

スポンサードリンク

アルファードを残価設定で購入する

アルファードは、トヨタ自動車が発売している人気が高いミニバンタイプの自動車です。

人気の高さ故に新車の販売台数は常に上位であり、また中古車の販売価格も高く、買取価格が高価であることが分かります。

そのアルファードは年次モデルチェンジやマイナーチェンジを頻繁に行って性能やデザインを向上させています。

常に新型に乗りたいという人にとっては、かなりの頻度で乗りかえる必要があるのです。

基本設計の完成度が高く、高性能な自動車ゆえに、リピーターが多いことでも有名です。

次も乗りたいという人は多いのです。

そのようなリピーターにとって、金銭的に負担が少ない購入方法として挙げられるのが、ローンで購入するという方法です。

ローンだと一括現金支払いよりも負担が少なくて済みます。

さらに負担を少なくしようとするなら、頭金を入れたり、ボーナス払いを入れたりします。

全額をローンで支払う方法もありますが、近年よく利用される方法が残価設定ローンと呼ばれるものです。

その仕組みは、ローンを組む年数を設定し、その年数が経過した時の下取り金額を残価として残りの金額をローンで毎月支払っていくというものです。

下取り金額が高いほど、月々の支払いは少額になり負担が軽減されます

残価設定ローンは下取り価格が高い人気の車種で組むと得をする傾向にあるのです。

アルファードはミニバンのカテゴリーにおいて非常に人気の高い車種となります。

ですから、下取り価格も高く設定されます。

よって、残価が高く設定されますので、月々の支払いを少額で新車に乗ることが出来るのです。

走行距離によって残価は多少変動しますが、例えば3年で新車の残価設定ローンを組んだ場合、初度車検前に期限が来ます。

その頃にはマイナーチェンジがされている可能性が高く、新しい型式の自動車に気軽に乗り替えることが可能なのです。

新しい自動車を購入する際も残価設定ローンとすることで、支払い額は軽減されます

それを繰り返すことで、常に新しい型式のアルファードに負担が少ない状態で乗り続けることが出来るのです。

このような大きなメリットがあるため、アルファードを乗り続けているリピーターの多くは残価設定ローンを組んでカーライフを満喫しています。

不景気な世の中だからこそ、自動車に費やす経済的負担を軽減し、それでいて気持ちは豊かな生活を送ることが出来ます。

このローンは現代社会では有意義なシステムと言えるでしょう。

スポンサードリンク

アルファードに維持費は年間いくら?

トヨタの人気車種で『アルファード』がありますが大型車両のため、維持費も高くつくから購入は初めから検討外の方もいるんではないでしょうか。

維持費が高くつくとお考えのあなたのために簡単ですが、今回検証して行きます。

維持費の算出方法も色々考え方はありますが、2年間・3年間などでかかる費用に関してはその年数で割って1年間に直す作業を行います。

では、皆さんが一番気になっている燃費から検証してみます。

まずは燃費ですが、これは排気量によって変わりますが目安として3000CCクラスで1Lあたり8kmほどの走行距離目安とします。

そして割安のクラスで試算していきますと、2400CCで1Lあたり10kmほどで、今回では条件の悪い通勤で利用するケースと仮定して、毎日15km片道に対して往復利用で20日間で一月600kmで60Lのガソリンが必要です。

ガソリン料金も不利な条件で少し市場価格より高めの設定でガソリン料金1Lあたり150円弱となりますから、60Lに150円を乗じて9000円で年間12ヶ月でガソリン料金は合計約11万円かかります。

次に重量税の税金です。

これは毎年自動車を保有している人に来る税金で5月くらいに納付する形になります。

3000CCクラスでは年間58000円と割高ですので、今回の試算クラスは2400CCで年間45000円となります

次に新車購入時から3年目の車検費用でだいたい相場目安で約10万円になり、1年で割りますと約33000円です。

最後に年間の保険料ですが、自賠責保険料金が約27000円で任意の自動車保険をネットの自動車保険に加入します。

様々な保険のタイプがありますが、車両保険なしのタイプで試算をしてみますと費用は約50000円です

以上の項目でそれぞれかかった費用お合計を足し算します。

年間の合計を計算しますと365000円です。

今回はいくつかの想定条件を設定して計算したものですが、自分自身が自動車を検討する際は今のやり方で一つ一つ検証して行くと自分の思った維持費で自動車が所有できるかわかるのでおすすめのやり方です。

これを安いとみるか高いとみるかは人によって価値観が違いますので、一概には言えませんが年間の維持費がこの程度であれば、皆さんも購入することを検討できるのでは、ないでしょうか。

このように検証していきますと『アルファード』がとても優れた自動車であることがわかります。

トヨタ・アルファードのローンを組む場合の手続きや残価設定のまとめについて

いかがでしたか?

ローンだけではなく、維持費もわかると、購入してからの予想もわかりやすいですね。

この維持費があっても、乗りたい気持ちになるトヨタ・アルファードをぜひ!


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク