下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードに乗りたいと思ったそこのあなた。

悩んでいる理由の1つに、外寸がわからず、駐車場に入るか気になってはいませんか?

トヨタ・アルファードの外寸について、徹底解明していきます。

スポンサードリンク

アルファードの外寸で機械駐車場は利用できるか

自動車社会が普及した現在、多くの方が自動車を利用していることにより車の外寸のため駐車場に気を付けることが必要でしょう。

公共機関よりも荷物の持ち運びや目的地の移動に優れており、地域を問わず多くの自動車が行きかっています。

また、自動車が好きな方は車種にもこだわりを持つものです。

国内外のメーカーは多数あり、スポーツカーからコンパクトカーなど様々です。

中でも今注目を集めているのがミニバンです。

特に大型LLクラスは高級乗用車であり、高出力エンジンは勿論内外装の高級感や車内空間の広さは他の車種には無い魅力です。

トヨタ自動車が生産・販売している「アルファード」も大型LLクラスのミニバン型高級乗用車であり、中古車でも人気を集めています。

2002年に誕生したアルファードは直列4気筒のエンジンを採用したことにより価格を抑えることに成功し、他メーカーのミニバンと比べても圧倒的なシェアを獲得しました。

販売開始した当時に放送されていたテレビCMにはジャン・レノを採用し、御存知の方も多いでしょう。

一方でミニバンはその大きさから機械駐車場の利用制限対象となることが多々あり、アルファードもまた同様です。

アルファードの購入時など、外寸関係により機械駐車場の利用制限について説明を受けたことでしょう。

平地の駐車場とは異なり、ショッピングセンター等の駐車場では高さは幅、奥行きに制限が設けられています。

機械駐車場にはピット昇降式や横行昇降式などの種類に分別できますが、いずれも駐車した自動車をパレットに載せて自動的に運びます。

その為、パレット内に納まる大きさである必要があります。

結論から述べると、外寸の関係でアルファードでも利用できる機械駐車場とそうでないものがあります

現在日本で利用されている機械駐車場の高さや幅の制限は明確な基準は統一されていません。

比較的新しい施設であればパレットの広さもある程度のスペースを確保してあり、高さ制限は2メートルから2.5メートルとなっています。

この広さであれば大型ミニバンでも問題なく入庫することができるでしょう。

一方で古いタイプの駐車場のパレットでは高さ制限は2メートル未満となっていますし、最も古いタイプのパレットは約1.8メートルのサイズが主流でした。

このサイズではミニバンではギリギリであり、入庫できたとしても駐車場内でぶつけたり、事故の原因となってしまいます。

駐車場の入り口には高さ制限や車種の制限に関する注意事項が掲載されているので自分の車の外寸を確認してから利用するとよいでしょう。

スポンサードリンク

アルファードの外寸(横幅・長さ・車高)は国産ラージサイズミニバンの中で最大級

トヨタ車の多人数乗車が可能なミニバンにはスモールサイズとミディアムサイズ、ラージサイズの3タイプに大きく分けることができます。

スモールサイズのミニバンの代表格はシエンタ、ミディアムサイズはノア・ヴォクシー・エスクァイアの3兄弟、ラージサイズはアルファード・ヴェルファイア(いわゆるアルベル)とエスティマがあります。

ミディアムサイズまでの車種は、基本的に5ナンバーサイズの外寸となっています。

(一部のグレードでは3ナンバーサイズの車幅となるケースもあります)

日本国内では扱いやすいために人気のある5ナンバーサイズですが、よりゆとりのある室内空間や高い衝突安全性、安定感のあるデザインなどを取り入れた車幅1,800mm前後の3ナンバーラージサイズミニバンも人気を高めてきています

アルファードはトヨタの国内向けミニバンで最大級のサイズで、兄弟車のヴェルファイアとともに圧倒的な売れ行きを示している車種です。

現行型は2015年にデビューした3代目で、2017年末にマイナーチェンジを受けてより迫力のある外観となりました。

安全性も大幅に向上して最新のトヨタセーフティセンスが標準装備となり、兄弟車のヴェルファイアを上回る人気となっています

外寸が大きいことで余裕のある乗り心地や広大な室内空間は、他の車種とは比較にならないほどですが、具体的にサイズ(横幅・長さ・車高)を確認していきましょう。

まずは横幅です。

日本国内の小型車の枠は1,700mm以下と定められていますが、アルファードの横幅は1,850mmと余裕のある作りとなっています。

国産高級車の代表格であるトヨタクラウンの横幅が1,800mm、北米のベストセラーカーである高級セダンのトヨタカムリの横幅が1,840mmであることを考えると、高級車に匹敵するかそれを上回る横幅を備えたミニバンであると言えます。

長さ(全長)も4,945mm(グレードによっては4,950mm)となり、小型車枠の4,700mmを大きく上回っていますので、1列目から2列目はもちろん、小型車枠のミニバンではエマージェンシーシート的に扱われがちな3列目もアルファードでは居住性が極めて良好です。

車高は1,935mm、4WD車で1,950mmですので存在感が抜群で、室内の開放感も優れています。

比較的大柄の人でも室内で窮屈な思いはすることがありませんので、最近は高級セダンに代わる送迎用のハイヤーとしても使用される例があります。

アルファードは、まさに21世紀型高級車の最新のスタイルと言える一台となっています。

.

スポンサードリンク

アルファードの外寸についてのまとめ

いかがでしたか?

トヨタ・アルファードの外寸は、最新のスタイルとも言われるほどのもの。

再度サイズを表示します。

横幅は1,850mm

長さ(全長)は4,950mm

車高は1,950mm

駐車場はどこでも入れるわけではないので、必ず事前にこのサイズに注意し確認するようにしましょう。



▲▲おすすめ記事▲▲
【トヨタ・アルファード】の人気カラーは何?色見本を参考に!
【トヨタ・アルファード】後部座席と荷室容量や車中泊について
【トヨタ・アルファード】口コミと評価や評判はどう?
【トヨタ・アルファード】値引き相場や限度額はどのくらい?
【トヨタ・アルファード】改造パーツやカスタムのエアロパーツの詳細

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク