下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードのモデルチェンジを期待して待っている、車好きな方は多いのではないでしょうか?

今回は、モデルチェンジの時期や情報を詳しくお伝えします!

スポンサードリンク

アルファードのモデルチェンジ情報を知りたい

アルファードは定期的にマイナーチェンジを行っていますが、時折モデルチェンジをすることで大きくイメージを変えることになります。

ですが、基本の部分に関しては大きな変更はありません。

どのような意味かといえば、サイズとした大型のミニバンにありますが、これが小型のミニバンになったり軽自動車になることはまずありません。

では、今後情報としてどの時期にフルモデルチェンジをするかが問題になりますが、予定としては2018年十一月ごろにモデルチェンジがされると言われています。

その時にどのような見た目になるかが問題になりますが、大きさ的には以前とほとんど変わらず広い室内空間を実現しています。

デザインとしては、標準ボディーだけでなくエアロボディーが用意されており当然ながら後者の方が金額が高いのがポイントです。

正面から見たときの特徴は、グリルが強調されており遠くから見ても目立つほどのものになっています。

カラーに関しては、ホワイトやブラックなどをはじめとして7色用意されていますので比較的豊富といえるでしょう。

再び中古として売却することなどを考えると人気色を選ぶのが良いですが、気に入った色があれば人気かどうかにかかわらず購入してみるべきです。

エンジンに関しては、2.5lと3.5lそして2.5lの中にはハイブリッド車両があります。

重量はそれぞれ2000kg前後になりますが3.5lエンジンを住んでいるタイプとハイブリッドは同じぐらいの重要になっています。

ハイブリッドは重たいのは、中に電源モーターを積んでいるからになりますのでこの点は仕方がないところです。

最近は、自動車の価格自体が高い傾向にありますが、モデルチェンジ後もハイグレードのものを用意していますので\8000000近くの金額になることが予想されます。

ただ、トヨタの場合には高級グレードだけでなく庶民が手にしやすいように安価なグレードが存在しています。

\3000000の後半で購入することができるものになりますが、エンジンパワーは2.5リットルになるでしょう。

それぞれインテリアも凝っており、メーターの色などが異なります。

デジタルメーターではありませんが、ライトをつけた時に輝く色が4色になっていますので、そのあたりのこだわりも見ることができます。

便利なのは、社内にコンセントがあることでそこから電気を引いてスマートホンなどの充電をすることができる点です。

このような自動車は数少なく、一部の高級車に用意されている程度になります。

スポンサードリンク

アルファードのモデルチェンジ時期の予想について

アルファードは、現行モデルが2015年に登場し、2017年12月にマイナーチェンジがなされました。

登場してから約3年が経過していますが、次のモデルチェンジは2020年、2021年などと予想されています。

これは、これまでのモデルチェンジのサイクルを基にした予想です。

アルファードは現行モデルが3代目ですが、これまで6年から7年のサイクルでモデルチェンジがなされてきました。

この予想を基にすると、2021年説は結構有力です。

ただ、トヨタが高価格帯のモデルチェンジ周期を早めたいと考えているうわさもあります。

それならば、2020年に登場してもおかしくはないでしょう。

雑誌やネットでは様々な予想がなされていて、どんな車になるのか、販売時期はいつになるのかなどが記事として書かれていますが、結局のところは推測にすぎませんので、本当のところはどうなるかはわかりません。

アルファードを購入することを考えている方は、次期モデルがいつ出るのかを考えて購入を検討したほうが良いです。

せっかく新車を購入してもすぐに次期モデルが出たとすれば、少しがっかりしてしまうことでしょう。

もちろん、新モデルが発表されるとそれが告知されて、古いモデルは在庫限りになりますし、早く在庫を処分したいと考えるので大幅に値下げをしてもらえる期待が持てます。

したがって、直前期は確かに旧モデルでも良いという方にとってはねらい目です。

しかし、発表される前の時期はまだそういった値下げをする時期ではありませんから、高いお金をかけて購入することになります。

そうした後にすぐに新型が発表されてしまうと損をした気分になってしまうでしょう。

したがって、購入を検討するなら、時期をよく考えておくようにしましょう。

アルファードに関しては、これまでの販売サイクルから見れば、前述の2020年や2021年の予想はかなり確率が高そうです。

したがって、1年前くらいに新車を買おうと考えている方ならば、もう少し我慢して新車を買うか、大幅な値下げに期待が持てる時期に旧モデルを買うかを考えた方が良いでしょう。

モデルチェンジのデザインや機能などについては様々な雑誌やサイトでこちらもいろんな推測がなされています。

これも結局は最近のトヨタの新型の傾向を考慮して次期型はこうなるだろうという予測にすぎなので、外れることも多いです。

したがって、こちらの情報は参考程度に見ておくべきです。

スポンサードリンク

アルファードのモデルチェンジの時期はどうなる

アルファードの現行モデルが登場したのは2015年であり、2017年に一度目のマイナーチェンジを行いました。

マイナーチェンジではエクステリアやインテリア、一部グレードのエンジンの変更など細かな点は変わっています。

まだ登場してから年数は経っていませんし、マイナーチェンジをしたばかりです。

したがって、アルファードがフルモデルチェンジをするのはもうしばらく時間がかかると予測できます。

雑誌などの予測によると、2020年、2021年といった情報が多いようです。

もともとアルファードは6年から7年でフルモデルチェンジをしてきたので、概ねそれくらいのサイクルで次期モデルが登場するというのは信ぴょう性があります。

フルモデルチェンジ前の時期になってくると正解に近い情報が出てきますが、現在のところはまだ予想の域を出ません

次期モデルはTNGAプラットフォームが採用されることなどが予想されていますが、結局の所最近のトヨタの事情を考えての予想だあり、正解とは限りません。

ただし、マイナーチェンジから概ね3年でこれまではフルモデルチェンジしてきましたから、2021年くらいになるのは濃厚と言えるでしょう。

そもそもモデルが廃止されることもあるので次期モデルが出るのかどうかも不確かではありますが、これまで3代にわたって販売されてきており、個人にも法人にも人気のある車種という特徴がありますので、まず次のモデルが出ないということはないでしょう。

トヨタの新型のクラウンやカローラスポーツには、コネクテッドシステムが搭載されていて、オペレーターと通話して利用できるコンシェルジュサービスが使えたりします。

こういった最新のシステムももしかしたら次期型には搭載されるかもしれません。

マイナーチェンジでも安全運転の支援システムが搭載されるようになったりと、トヨタは最新のシステムを導入するのに意欲的ですから、可能性は高いです。

新型が発表されると旧モデルは安く購入できる場合もあります。

特に新型を求めるのではなく、従来型でもいいという方は、かなりお得に買えることもあるので狙い目です。

逆に新型がいいというのであれば、買い替えのタイミングは考えておいた方が良いでしょう。

多くの予想では2020年、2021年と言われていますので、今すぐに買うと言うなら問題ないですが、来年以降に購入するとならば買ってすぐに新型が出るという可能性が高いので、出るまで待った方が良いです。

トヨタ・アルファードのモデルチェンジ情報についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

モデルチェンジの時期の予想が出来たので、それまでに、資金を準備するなどするといいかもしれませんね。

みんなで、新しいトヨタ・アルファードを楽しみにしましょう。


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク