下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードの車体は大きいですが、内装やサイズは乗ってみないとわからない部分ですよね。

そこで、今回は、トヨタ・アルファードのサイズ感について、お話していきます。

スポンサードリンク

大きさも大きい高級感や走行性能のあるアルファード

アルファードは、2002年から発売がスタートした比較的新しいタイプの車種で、その特徴はなんと言って大きさが大きいというのが特徴です。

全長が480センチ以上で新型車にいたっては490センチ以上とともかく大きいサイズである自動車です。

大きいサイズの自動車でなおかつ高級感を感じさせる外観のこれまでにあまりないようなタイプの車種とも言えるのではないでしょうか。

基本的には、高級感のある座高の高いミニバンタイプでこのようなタイプのアルファードのため、購入をするドライバーも少人数を乗せるよりも家族全員であるとか大勢の仲間を連れて走行をしたほうが良いといえるタイプです。

室内空間もゆったりとしたもので、広々としたゆとりのある空間で快適なドライブが楽しめるつくりにもなっています。

高級感とサイズの大きさから自分ひとりだけの愛車というイメージよりも大家族の家庭のファミリー層の利用が似合うはずです。

サイズの大きさが大きいぶんに車庫入れというのもドライバーは上手にできるまでの練習もしなければならないはずだと考えられる方というのもいるものですが、高級感や大きさにも比例をしているのがアルファードの特徴で、安全性能や走行性能においても優れているということです。

どうしても車体が大きいということで運転をしづらいのではないかと感じられる方というのもおられるはずです。

しかし、まったくそのようなことはなく、一見曲がりにくそうな急なカーブにおいても、すんなりとカーブできることや一見に走りにくいような道を走行するにしても良いバランス感覚ですんなりと走行をすることができます。

このようなことからも大きいビッグサイズなところや高級感を感じさせるだけではない、安全性能や走行性能も優れているということからもあらゆるドライバーにとって運転がしやすく親しみやすさや高級感も兼ね備えた珍しいタイプの車種であるということが言えます。

それぞれのドライバーには自動車の運転年数という運転歴やそれに伴った運転のスキルというものがありますが、このような高性能な性能も兼ね備えていることからどのようなドライバーにでも運転をしやすい自分の愛車として合うタイプのものなのではないかと感じさせるタイプの車種です。

アルファードには新型車も含めてあらゆるカラーやあらゆるタイプのものがありますが、どのドライバーにとってもアルファードの場合は納得のいく走りができるはずです。

スポンサードリンク

アルファードが大きなサイズ感で乗り心地が良いが運転もしやすい

アルファードは大きくてサイズ感が良いのですが全長や高さ、車幅といった車体のサイズが気になります。

車体が大きいと運転しやすいのかや駐車場に収まるのか、左折をしたときに内輪差で何かを巻き込んでしまうのではないかといった不安が付きまとってしまうものです。

大き過ぎると小回りがきかなかったり、ランニングコストがかかったり、車庫入れが難しかったりするイメージがあって敬遠している方も少なくありませんが、大きなサイズ感ゆえの大きいメリットを数多く得ることが出来ます

ちなみにアルファードは家族が全員乗ってもリビングで寛いでいるのと左程変わらないぐらい余裕があるサイズ感や長いホイールベースによって直進するときに安定するので高速道路での運転が楽になること、エンジンに馬力があり少ない回転数でもパワーが充分に出て車内が静かなことなどがメリットです。

他にも車体に重量感があるので横風が多少強かったり地面が凸凹していても安定感が抜群なことや、万が一衝突事故を引き起こしてしまっても車体が丈夫なので安全性や乗客を保護する性能が高いこともメリットとして挙げることが出来ます。

そのためアルファードは短い距離を移動する場合とランニングコストを除けばメリットが多いです。

夫は問題なく操縦することが出来るが、妻が操縦するのが苦手なときに車体が大きくて小回りしにくいと困ってしまいます。

ハンドルをいっぱいに切っている状態でUターンがどれくらいしやすいかを示す数値が最小回転半径です。

一般的な5ナンバーサイズのミニバンの最小回転半径は、およそ5.5メートルぐらいになります。

その一方で、アルファードの標準装備が16インチのアルミホイールになっているモデルの最小回転半径は5.6メートルとなっています。

ですのでアルファードは5.6メートルの幅の道路であればUターンをすることが可能で、一般的な5ナンバーサイズのミニバンは5.5メートルの幅の道路であればUターンをすることが可能です。

その差はわずか10センチメートルしか違いがないということになります。

大幅に異なるのは全長の長さで一般的な5ナンバーサイズのミニバンとは、およそ25センチメートルぐらいの差です。

そのため駐車場が狭いという場合は駐車場に収まるかどうかを前もって確認しておく必要があります。

そして自動車の操縦が苦手だという人をサポートするレーンモニタリングシステムやブラインドコーナーモニター、音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニターなどといった装備が充実しているので安心です。

スポンサードリンク

アルファードと他のミニバンとのサイズ比較

近年の自動車業界は、SUVやミニバンタイプの自動車全盛の時代と言われています。

それは、使い勝手が良いからです。

多くの人を乗せることができ、大きな荷物を積載できるので、移動手段としては重宝するのです。

その中でも特に人気の高いカテゴリーがミニバンタイプの自動車です。人気のミニバン市場は、その人気の高さ故に激戦区となっています。

各自動車メーカーが開発を競ってより良いミニバンを世に送り出しているのです。

その中でも安定して高い人気を保っている車種があります。

トヨタ自動車が製造、販売しているアルファードです。

消費者がミニバンを購入するにあたって最初に気にするポイントが、サイズです。

サイズと言いましてもボディサイズや室内の広さなど、内外部においてサイズが重要となってくるのです。

ボディサイズは運転の際に取り回しがしやすいかどうかの判断基準となりますし、室内の広さは居住性の良し悪しにかかわってきます。

ミニバンの購入を検討している人の多くは、人気が極めて高いアルファードをベンチマークとして他の車種とサイズ比較をします。

それは、アルファードは運転をする際には取り回しがしやすいボディサイズとしており、大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感があります。

そのボディサイズを最大限に活かして室内空間は確保されています。

同クラスのミニバンにおきましては、最大級の広さを誇るでしょう。

それは、ハイブリッド車ならバッテリーの配置を工夫するなどして、低床化を実現し、室内空間の天井高を高くして広い空間を確保しています。

それに加え、縦方向、横方向は限界まで室内空間として確保しているため、かなり広々とした室内となっています

この室内の広さを他メーカーの車種で実現させようとすると、自動車自体のボディサイズが大型化し、そうなりますと運転時に取り回しがしにくくなります。

このバランスの取れたサイズ感は国内のミニバン市場におきましては、アルファードが最も優れていると言えるでしょう。

各種ミニバンは、ボディサイズを抑えつつより広い室内空間の確保を目指して開発が進められています。

実際にミニバン市場全体として大きな進化を遂げてきました。

しかし、サイズ比較をした場合、やはり最も内外部のサイズ共にバランス感覚に優れた車種となりますとアルファードということになります。

ミニバンの購入を検討している人のベンチマークとなる理由がそこに見えてきます。

トヨタ・アルファードの車体のサイズ比較した場合のサイズ感についてのまとめ

いかがでしたか?

比較しても、丁度いいと言われるトヨタ・アルファードのサイズ感。

ぜひ、乗って実感してみてください!


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク