下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードに乗りたいと思っている方も多いでしょう。

しかし、乗るとなれば、気になるのは、自動車の税金や維持費・・・。

そこで、トヨタ・アルファードの税金、エコカー減税などお金にまつわることをお話ししていきます。

スポンサードリンク

アルファードとエコカー減税について

アルファードはトヨタ自動車が販売しているミニバン型高級乗用車で、企業の社用車としても人気が高いです。

2017年12月25日にマイナーチェンジが発表されています。

ヘッドライトはLEDヘッドライトを採用していましたが、マイナーチェンジの後はグレードによって2眼タイプか3眼タイプに変更されLEDコーナリングランプはイルミネーションとデイライト機能が加わります

フロントグリルは従来のモデルではナンバープレートの部分にモールがあって上限に分割されていましたが、マイナーチェンジ後は一体型に変更されて上下の面積が拡大しています。

2018年発売の新型アルファードを購入した場合に問題になるのが税金です。

新型アルファードは全てのグレードでエコカー減税の対象となっています。

ハイブリッドモデルの場合は自動車取得税免税、自動車重量税免税で自動車税が約75%の減税となります。

ガソリンモデルは自動車取得税が20%の減税で自動車重量税が25%の減税となり自動車税の減免はないです。

ハイブリッドモデルを購入した場合は、かなりの優遇を受けることになります。

エコカー減税は環境性能に優れた車を対象に税金が軽減される優遇措置です。

自動車税は自動車の所有者に対して課される税金で、都道府県税になります。

基本的に毎年5月頃に納付書が届いて1年分の税金を納めます。

新車を購入したときと車検のときに課されるのが自動車重量税で、この税金は国税です。

税金は前払いで新車の場合は3年分を払い、車検のときには2年分を払う必要があるのでかなりの額になります

エコカーに対する税の優遇措置は、対象車が多くなったために2017年からは段階的に対象車を減らす方向に進んでいます。

以前であれば免税だった車でも、新しい基準をクリアできないと税金が課される可能性が出てきます。

税金の問題が絡み自動車購入のハードルが高くなったと感じる人が増えています。

ハイブリッド車は種類が異なる2つ以上の動力源を持っています。

電動モーターとガソリンエンジンが主流で、2種類の動力を使い分けるのがハイブリッド車の特徴です。

ハイブリッド車は燃費性能も優れ、燃料代を抑えて走ることができます。

ハイブリッド車は日本はもちろん海外でも人気が高いです。

トヨタのアルファードは東南アジアでも高い評価を受けています。

市販のハイブリッド車は税制上有利ですが、税制は変わるので小まめにチェックする必要があります

スポンサードリンク

アルファードの自動車税とエコカー減税適用の有無とは

トヨタ・アルファードを大きく分けると、ガソリン車(2.5Lまたは3.5Lエンジンモデル)の2種類とハイブリッドタイプ(2.5Lエンジン)の1種類の合計3種類があります。

アルファードの場合には駆動方式(ハイブリッドモデルまたはガソリンモデル)や搭載するエンジンのタイプ(排気量)によってエコカー減税適用の有無や減税が適用される割合が異なるので、実際に支払う自動車税・自動車重量税・自動車取得税の金額が異なります。

アルファードでエコカー減税が適用されるのは2.5Lガソリンエンジン車とハイブリッド車の2種類です。

3.5Lガソリンエンジン車についてはエコカー減税が適用されないので、車両を入手する場合は車体重量やエンジンの排気量に応じた税額の全額分を納付しなければなりません。

アルファードに適用される自動車税の金額ですが、エコカー減税が適用されない場合であれば2.5Lガソリンエンジン車とハイブリッド車は年間あたり45,000円です

これに対して3.5Lタイプのガソリンエンジン車は、年額58,000円となります。

アルファードのハイブリッド車に適用されるエコカー減税の免除割合は自動車税のうち75%分と、自動車重量税・自動車取得税の全額です。

エコカー減税が適用されない場合に支払わなければならない自動車税の課税額は年額45,000円なので、75%に相当する約33,500円分が毎年減免される計算になります。

このため、実際に納付する金額は25%分に相当する約11,500円となります。

ちなみにハイブリッド車は自動車取得税と自動車重量税の全額が免除されるので、支払う税金は約11,500円のみです。

2.5Lガソリンエンジン車の場合には、自動車重量税の25%分と自動車取得税の20%分のみが減免されます。

自動車税についてはエコカー減税が適用されないので、毎年45,000円を納付することになります。

3.5Lガソリンエンジン車については自動車重量税や自動車取得税も含めて、エコカー減税は適用されません。

このため初年度以降に、毎年58,000円を納付しなければなりません。

ハイブリッドタイプを選択すると、ガソリン車よりも車両本体価格が高くなってしまいます。

それでもエコカー減税が適用されて減税額が大きいのと燃費性能が良いのでガソリン代が節約できるので、走行距離が長い人であればハイブリッドタイプを選択した方がトータルの維持費を安くすることができます。

スポンサードリンク

アルファードに必要な費用について考えよう

アルファードの購入を検討している場合には、どのくらいの費用が必要になるのか考えておくことも欠かせません。

購入費は考えていたものの、その後のお金はチェックしていなかったという方も多くいます。

買ってから必要なお金が用意できずに困ることがないようにするためにも、事前に必要な金額について把握しておくようにしましょう

例えばアルファードを購入した後に必要な費用の1つに、自動車税があげられます。

自動車税は毎年5月に支払うことになるので、1回きりのものでないため注意が必要です。5万円以上必要になることもあるので、事前にどのくらいの金額になるのか確認しておくことも大切です。

また購入前の確認事項の1つに、駐車場代の問題があげられます。

一戸建てで駐車スペースがあるならば、駐車場代の問題を考える必要はありません。

ですがマンションやアパートなどで暮らしている場合には、別に駐車場を借りる必要も出てきます

。マンションに駐車場が設置されている場合でも、利用する場合には別途2000円くらいのお金が必要になるケースもあるので注意が必要です。

アルファードを購入する前に、周辺の駐車場事情を調べておくことも欠かせません

頻繁に運転を楽しみたいという方は、維持費について考えるうえでガソリン代のチェックも欠かせません。

ガソリン代は節約のしようがないと考える方もいるでしょう。

ですが車に余計な荷物を置かずに、ガソリンを効率よく使うことも可能です。

さらにポイントの1つに、割引サービスが利用できるガソリンスタンドを使うという点もあげられます。

ガソリンスタンドの中には、指定したクレジットカードを利用するなどの条件を満たすことで割引サービスが受けられるケースもみられます。

1リットルあたり1円ほどの割引でも、頻繁に乗車する方にとっては大きな違いになります。

少しでも安く乗車できるようにするために、節約できるポイントを見逃さないようにしましょう。

実際にアルファードの維持について考えていく場合には、このほかにも車検や自動車保険の費用もチェックしておきましょう

項目ごとに別々に考えるのではなく、1年間でどのくらいの維持費になるのかトータルで検討するのも1つの手です。

あらかじめ必要なお金を把握しておくことで、支払いのタイミングになって貯金の余裕がないという状況を防げます。

楽しいカーライフを送るためにも、お金の問題の確認が欠かせません。

トヨタ・アルファードのエコカー減税や自動車税の費用についてのまとめ

いかがでしたか?

自動車税金は車を所有する人の義務になります。

税金のことも踏まえて、かっこ良く人気の高いトヨタ・アルファードを手に入れるようにしましょう。

素敵なカーライフになりますように!


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク