下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードの乗り心地が気になりませんか?

そんな時におすすめなのが、試乗です。

時間がない人でも必見!

試乗レポートをご紹介します。

スポンサードリンク

アルファードの試乗レポートを調べる方法

アルファードの乗り味を知りたい場合は、試乗レポートをチェックしてみると良いでしょう。

そちらでは、実際に試乗した人が感想を書いています。

自動車雑誌でなくても、ネットで調べればたくさんのレポートを見ることができますので、情報の取得が困難ということはありません

書いているのは、雑誌のネット記事では自動車評論家やライターなどの普段から車にかかわっている人から、一般の消費者が個人ブログに感想を書いているパターンがあります。

どちらもそれなりに役立つ情報です。

まず、専門家がレポートしている場合は、細かな点につい書いていて、一般の人が気づかないようなこともレポートしていることが多く、とてもためになる情報が載せられていることが多いです。

ただ、走りに対して細かすぎることも書いているケースが多いので、普通なら気にならない点も気になるように書いていることもありますから、参考にするなら注意が必要でしょう。

個人の場合は一般人の目線からの評価になるので、共感しやすい内容となっているので、むしろこちらの方が参考にしやすいかもしれません。

ただし、個人の場合は感覚的に表現していることも多く、好みに左右される傾向もあります。

専門家の場合は車の構造からその理由を探してそれが走りに影響しているだろうという予測をしますが、一般人でもあまり車に対して知識がない人はそれがありませんから、こちらも参考にする場合には注意をした方が良いでしょう。

最近は、ネット動画でも試乗している状況を動画にまとめた物をよく見ることができます。

こちらも、個人と専門家の両方の動画があります。

文章だけでは伝わりにくいことも動画なら伝わりやすいこともありますので、参考にしてみると良いでしょう。

もちろんこちらの場合も、実際に自分が乗っているわけではありませんから、わかりにくい部分もあるので、参考にする場合には考えた方が良いです。

これらを見て気になった方は、実際に試乗してみることをおすすめします。

やはり本当に体感したほうが一番わかるからです。

ただ、購入検討する車種を考えるにあたって絞り込む際にこちらを活用するのは十分に役立ちますので、参考にはした方が良いです

市場はディーラーで無料でさせてもらうことができますが、予約が必要な場合があります。

いきなり行っても載せてもらうことができないこともありますので、市場予約をしたうえで来店することをおすすめします。

スポンサードリンク

アルファードの試乗における評価ポイント

これからアルファードの購入を検討している際には、しっかりと試乗を行ってみることが欠かせません。

高価なクラスに位置する車種ゆえ、余計に失敗を回避する姿勢が大切であり、評価ポイントを踏まえながらジャッジをしていった方が良いでしょう。

まず運転席に座ってみた時に確認したいのが視認性です。

サイズがあることで死角が生まれやすく、見えない部分があるのは大きなリスクになり得ます。

特にサイズのある車に乗り慣れていないと不安要素になりやすいため、安全に運転ができそうなのかチェックしてみる必要があります。

なお運転席からの前方の視認性は良く感じられるはずです。

高さがあることで遠くまで見通しがきき、前方の状況を確認しながら走行することができます。

好みにマッチする走行性能があるかどうかもチェックすると良いでしょう。

ミニバンながらも優れた走りを誇るものの、あくまでもミニバンですので重さも感じやすいです。

キビキビと走れるレスポンスを求める人にはあまり向かない車種でもあるため、許容できるレベルなのか確認しておくと良いかもしれません。

走行をしている際には乗り心地も確認しておきたいところです。

アルファードはシートの作りも良く快適性が追求されていますが、シートは相性の問題も大きく関わってきます。

包み込んでくれるような優しい座り心地を感じられるとオーナーからも評価を受けているものの、しっとりとした感覚は好き嫌いもあります。

また、ミニバンゆえにフワフワとした乗り心地を感じられることもありますが、こうした部分も好みが分かれるところです。

小回りの具合もチェックポイントのひとつです。

基本的には小回りがきく車の方が扱いやすいですが、アルファードはサイズがあるために最小回転半径の数値もやや大きめになっています。

狭い道を曲がる時などに影響を及ぼす要素ですので、もし車が走りにくい場所を走行することが多いようなら注意が必要です。

試乗の際には駐車のしやすさも確認しておくと安心です。

バックで停める時は後ろに不安を感じやすい上、サイズがあることで取り回しに苦労することがあります。

上手く扱えないとぶつけてしまうなどのトラブルに見舞われてしまうかもしれません。

安全に乗れる車を選ぶことが大事ですので、これからしっかりと扱っていけるのか確認してみるようにしましょう。

試乗では沢山の情報を得ることができます。

乗ってみないと分からないこともあるため、自分自身で実際に運転をして相性を確かめてみることが大切です。

スポンサードリンク

アルファードの試乗をするときに確かめておきたいポイント

ディーラーでアルファードを購入する前にしておきたいのが、試乗です。

購入前に運転席に座り実際に運転することによって、カタログではわからない部分を確かめることができます。

しかしディーラーでの試乗には、時間制限があり運転するコースも決められています。

そのためただ漫然とアルファードを運転しただけでは、必要な情報を効率的に集められません。

ディーラーで試乗する前には、必ず運転中に確かめておきたいポイントを理解しておきましょう。

必ず押さえておきたいポイントは、操作系のフィーリングです。

ハンドルを切ったときの曲がり方、アクセルとブレーキのレスポンスなど、自分の感覚とマッチしていることが重要になります。

自分の感覚とマッチしていたら、購入した後も楽に馴染むことができるでしょう。

エンジンの性能をチェックしておくと、燃費が良いか悪いかも判断できます。

コース中にある坂道や長い直線でアクセルを踏み込んだり、信号待ちの発進時などは燃費の良さを確かめるチャンスです。

少ないエンジンの回転数でスムーズに動くようなら、燃費は良いと言えるでしょう。

アルファードの静粛性と収束性も、運転中に確認しておきたいポイントです。

静粛性が低いと運転中に煩わしい音が聞こえて、いつも以上に疲れる原因になります。

また収束性は路面の状態が悪い道を走るときに重要で、低いと衝撃がダイレクトに伝わってきます。

静粛性と収束性が高いと感じたなら、快適なドライブを楽しめるでしょう。

運転席から座ったときに見える景色も、重要なチェックポイントです。

景色が見えにくいと運転中に周囲が見えにくくなり、接触する原因になります。

必ず運転席に座ったときに、前後左右を見て見切りの良さを確認するようにして下さい。

また自宅周りの道路状況を想定して見切りを確かめるのも、重要なポイントです。

狭い自宅周りの道路や駐車場でもよく見えてスムーズに運転・停車できるのか、頭の中で考えて想定しましょう。

ディーラーでアルファードの試乗する際には、以上の点に気をつけると自分に適した車か判断できます。

試乗を行う前にスタッフにコースについて聞いておけば、確かめるべきところもわかりやすくなるでしょう。

わずか10分程度でも、実際に運転をしてみると様々な情報を得られます。

特にアルファードは比較的車体の大きな車種なので、これまで軽自動車やセダンに乗ってきた人は購入前に感触を確かめておくのは重要です。

トヨタ・アルファードの試乗した場合の試乗評価についてのまとめ

このように、試乗すると、わずかな時間でもいろいろな情報を知ることが出来ます。

このレポートを見るのもいいですが、少しでも時間を取り、乗ってみてはいかがでしょうか?

自分自身の感覚で感じることも大切ですよ。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク