下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファードは、高級車で手が届かないと思っているそこのあなた。

アルファードは値引きできるかもしれないのです!

早速、この朗報について、話をしていきましょう。

スポンサードリンク

アルファードの値引きをしてもらえる相場について

アルファードを新車で購入するときに値引きをしてもらいたいと考えている人も多いでしょう。

値引き交渉をするためにはまず、どのくらいの割引が期待できるのかの相場を知っておく必要があります。

ディーラーも利益を出さなければなりませんので、むやみやたらに割り引いてくれるわけではありません。

それに、無理な値段を提示すると、購入する気がないのだろうと思われてしまい、余計に交渉はシビアになってしまいます。

その点、相場を意識した無難な範囲での交渉なら先方も購入する意思があるとみて、比較的交渉はしやすくなるでしょう。

アルファードの値引きの相場を知りたいときには、ネット上の情報を探ると良いです。

これらは実際に購入した人の情報などを基にして、どのくらいの割引が期待できるのかを調べてまとめています。

車種ごとにまとめている情報も多いので、アルファードの情報をピンポイントで知ることができます。

また、交渉の仕方についてもアドバイスがかかれているため、参考にすると交渉がうまくいきやすくなるでしょう。

あるサイトでは、2018年9月現在の情報では、本体の値引き目標額が26万円で、オプションを含めた場合は30万円、限界値が32万円と示されていました。

別のサイトでは33万円が目標ラインと示されていたので、おおむねここら辺を目標に交渉していけば損をすることはないでしょう。

もちろんあくまで目標ラインであり、実際はこれより渋くなることもありますし、中には40万円、50万円という割引を受けられたという報告もあるため、それぞれのディーラーの状況や交渉の仕方によっても結果は変わってくる点には注意が必要です。

交渉をする時には多少手間ではありますが、競合している他社の車の見積りを提示したり、同じトヨタでもネッツ店のヴェルファイア、トヨタ店・カローラ店のエスティマの見積りを出して交渉することも効果的です。

アルファードを売っている販社はトヨペット店で、上記とは異なる会社なので、同じトヨタ車でもライバルとなります。

トヨタ自体はどれが売れても利益になりますが、販社レベルではそれぞれ別系列なので、同じトヨタ系列でもライバル関係にあります。

したがって、これらの見積り額を提示することで、安い値段を提示してもらいやすくなります。

ライバル関係に合って、そちらに顧客を取られている側にとっては、多少の利益を犠牲にしても繋ぎ止めたいと考えるためです。

スポンサードリンク

アルファードを購入する場合の値引き限度額と目標とは

高級ミニバンのトヨタ・アルファード(標準タイプ)の車両本体価格は、ガソリン車だと300万円台後半から500万円弱でハイブリッド車は400万円台前半から500万円台前半です。

エグゼクティブシート搭載車については、メーカー希望車体本体価格が700万円を越えます。

新車で自動車を購入する場合には、ディーラーで値引き交渉を行うことが一般的です。

ただしディーラーがメーカーから仕入れる価格は決まっていますし、販売店は一定の利益を確保する必要があります。

そのため、値引き限度額というものが存在します。

ディーラーと交渉をする際に車両本体部分に加えて、オプションや付属品の値段を安くしたり無料にしてもらえる場合があります。

トータルで支払う金額が安くなれば良いので、購入する側にとってはどちらでも同じことです

インターネット上の口コミ情報によると、新車でアルファードを購入する際に値引きに応じてくれた金額の平均は25万円前後です。

標準タイプだと車両本体価格が400万円~500万円なので、約5%ほどです。

新型モデルで500万円を超えるような車体だと、30万円近くも安く購入することができたという報告も存在します。

これらの情報から、車両本体部分についての値引き限度額(目標)はメーカー希望車両本体価格の5%分に相当する20万円~25万円を目安に設定して交渉を進めると良いでしょう。

アルファードは高級車のカテゴリーに入るので、付属品やオプションの定価も高めに設定されています。

このため付属品・オプションについても交渉をすれば、無料もしくは安くしてもらうことができます。

インターネット上の口コミサイトに寄せられている情報によると、オプションについては20~30%も安くしてもらえたという報告が多数寄せられています。

オプションは選択方法によって値段に大きな違いが出ますが、一般的にほとんどの人が使用するような機能・装備を選ぶと定価で40万円前後になります

そのため、交渉をすれば20%分の8万円ぐらいは安くしてもらえる可能性があります。

これらのことから、車両本体(25万円)とオプション(8万円)の合計で33万円分の割引を最終目標にして交渉をするようにしましょう。

ちなみに古い車の下取りを販売店に依頼する場合には、下取り価格を高くしてもらうという方法も有効です。

値引き交渉に応じてくれるか否かは、販売店の売上目標販売台数の達成の度合いや時期によって違いがあります。

販売店の中間決済の9月末か3月末の決算期に間に合わせるようにするために、初夏または年明け頃に交渉を開始すると良いでしょう

スポンサードリンク

アルファードは目標を決めて値引きをするのが効果的

アルファードは決して安い車ではないので、新車で購入をするのであれば少しでも値引きをしてもらいたいところです。

しかし、あまりに欲張って安くしてもらおうとすれば交渉が決裂して終わってしまいますから、目標となる金額を決めてその金額に達したら、それ以上は欲張らず契約をするのが良いでしょう。

また、金額に折り合いが付けば購入をするという姿勢を見せることによって、相手も極力譲歩してくれやすくなります

どのぐらいの金額を目標にするのかというのは人それぞれですし、時期によっても異なってくるので一概に言えませんが、モデルチェンジの直後となると値引きは渋くなり、逆にモデル末期となると車両価格から2割以上も安くなることがありますから、時期をよく考えて目標を設定することがポイントです。

新モデルの場合にはほとんど値引きが期待できませんから、車両価格から引いてもらうのは諦めて、オプションをつけてもらうあるいはオプションを安くしてもらうという戦略を練ることになります。

逆にモデル末期に購入をするのであれば、大幅に引いてもらえる可能性がありますから、車両価格2割程度の金額を目安としてみるのも良いでしょう。

2018年9月現在であれば、オプションも含めて30万円を少し超えたぐらいの金額を引いてもらえば、まずまずの水準となりますから、この辺を目標としておくと交渉をしやすくなります。

ただし、オプションを山盛りにしたり即決で契約をするというのであれば、更に上を目指すことはできますから、自分は一般的に見てどの程度オプションをつけようとしているのかも考慮して、多いのであればもう少し上の金額に設定するのも悪くありません。

交渉の仕方としては二通り考えられひとつは少し大きめの金額を提示して、そこから互いに歩み寄るというものです。

30万円辺りを狙っているのであれば最初は無理に思える40万円の金額を提示して交渉を始めます。

相手は25万円ぐらいが限度と言ってきますから、そうなると今度は希望学を35万円程度にします。

そうすれば相手もまた少し値引き額をあげてくるので、徐々に歩み寄って30万円を少し超えたぐらいのところで落とし所が決まるというパターンです。

もう一つのやり方は最初から現実味のある金額を提示して、これだけ引いてくれれば直ぐに契約をするというスタイルです。

相場よりもやや強めの35万円ぐらいでも、引いてくれれば今すぐ契約をするという条件で切り出せば、意外に相手は要求を飲んでくれやすくなります。

ただし、この方法は相場を熟知していないと損をすることもあるので、慎重に行わなければなりません。

トヨタ・アルファードの値引き相場や限度額についてのまとめ

朗報、いかがだったでしょうか?

限度額はあるものの、交渉次第なところはあるようです。

ぜひ、慎重に行いつつ、高級車であるトヨタ・アルファードをゲットしましょう!

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク