下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


トヨタ・アルファード、外見を見ると、広そうな車内に見えますが…。

実際の所はどのような内装・広さなのでしょうか?

トヨタ・アルファードの内装などについて、ご紹介します。

スポンサードリンク

シートをスライドできる新型アルファードの気になる内寸

新型アルファードはスライド機構により2列目のセカンドシートと3列目のサードシートも前後に動かすことが可能ですが、特に最後列のサードシートは荷室スペースの広さに直接影響するため、その内寸が気になるところです。

一見すると余裕があるように見えても実際に座ったり荷物を詰め込んでみると想像していたよりも狭く感じてしまうケースがある一方で、さまざまな工夫により数値以上に余裕があると感じるケースもあります

新型アルファードでは3列目のサードシートを前後にスライドできますが、前にスライドさせれば荷室スペースが広くなりますが居住スペースが狭くなり、後ろにスライドさせれば居住スペースに余裕ができる代わりに荷室スペースが狭くなるというトレードオフになります。

サードシートのスライド機構の床面には白い三角のマークがあり、この位置に合わせるのが標準の位置となっています。

この標準の状態での荷室スペース内寸は幅が約132cm、奥行きが約40cmである程度の大きさの物も積載することが可能です。

この状態で2列目のセカンドシートを可能な限り後ろにスライドさせた状態でもサードシートのスペースには余裕があり、ゆったりと座ることができます

サードシートを可能な限り後ろにスライドさせた場合の荷室スペースの奥行きは約25cmとなり、ダンボール箱を入れるのは厳しそうですが、スーパーやコンビニでのちょっとした買い物をしたレジ袋程度ならば複数積載するには十分なスペースです。

荷室スペースから地面までの高さは約62cmで他のメーカーの車種と比較してやや高くなっています。

ただし大人が直立して両手でダンボール箱を持ったよりも低いため、無理をして持ち上げることなく荷物を積載するには十分です。

サードシートを可能な限り前へスライドさせた場合の荷室スペースの奥行きは約70cmとなりかなり余裕ができますが、その一方で座った方は膝がセカンドシートに当たるのが気になる狭さになってしまいます。

アルファードではサードシートを折りたたむことが可能で、セカンドシートを可能な限り後ろへスライドさせた場合の荷室スペースは開口部の手前の幅が約132cm、折りたたんだサードシートの周辺の幅が約91cm、開口部からセカンドシート付近までの奥行きが約178cmと一気に荷室スペースが広がります。

この状態でセカンドシートを可能な限り前へスライドさせると、その付近の幅が143cm、奥行きが約194cmと更に広げることが可能で多くの荷物を積載できるようになります

スポンサードリンク

アルファードの内装色はゴージャスな3パターンがあります

新型アルファードのといえば上質で洗練された内装が魅力の一つになります。

国内最強のミニバンらしい魅力にあふれた車です。

内装色としてあるのは、アイボリー系のフランクセンとブラックとブラックとホワイトの3色展開となっています

ゴージャス感を感じられるのはフランクセンです。ボディカラーにもよりますが、ブラック・ホワイトといった一般的なモデルには、重厚感が感じられる色合いになります。

シートが黒なら内装も黒か白ということでブラックとホワイトのトーンの内装があっているようです。

ホワイトにシートがブラックはトーンが効きすぎていてアイボリーのほうがしっくりくるようです。

グレードによる内装の違いを比較するポイントは、シート素材にあります。

エクゼクティブラウンジと同じくSは、プレミアムナッパ本革です。

最上級グレードで棘上の心地よさが味わえます。

GFパッケージ・SRCパッケージは、本革になります。SR・G・SC・S・Cパッケージは合成皮革になります。

SとXは、ファブリックです。

シート素材についてはこれほど違うのかと思えるほど格差があります。

ただし、本革・合成皮革でも高級感ある内装であることは間違いなくアルファード特有のゴージャスな感じはかわりません。

最高級のエクゼクティブラウンジシートサイズにもゆとりがあることは間違いありません。

アルファードと言えばこのシートが思い浮かぶほど素晴らしい仕様になっています。

コックピット・インパネ部分は、3種類の内装にあわせており適度な重厚な感じで派手過ぎない色合いがアルファードらしく内装色を彩っています。

シートが、ブラックでインパネとコックピットがブラックであると高級車のイメージが漂いどうしても運転したくなる装いになります。

Xグレード以外は、スパッタリングと呼ばれるゴージャスな金属パネルを装備しておりステアリングも本革巻きになるのです

アルファードのLEDルーフカラーイルミネーションも全16色・4段調光で内部を豪華に彩ってくれるアイテムになっています。

後部座席で色を変えられるのも非常に乗る人のことを考えた造りになっています。

LLクラスのミニバンといえば、やっぱり内装の豪華さや色合いのすばらしさや居住性・お洒落感をみて購入することになります。

女性の目で見てこの車の内装は、一般車両では味わえないグレード感が高い格調のある仕上がりになっていることが良くわかります。

どのグレードをとってもトップクラスの内装の色合いであることは間違いありません

スポンサードリンク

アルファードの内装改造は容易です

アルファードとは日本の自動車メーカーであるトヨタが開発販売しているミニバンタイプの高級乗用車です。

大型車の中ではコンパクトな見た目をしている反面、車内空間が広々としていることから、独身層だけでなくファミリーカーを求めている家族持ちのドライバーからも人気が高いといった傾向があります。

初代が販売されてから既に15年を超えているため、中古車としても比較的購入しやすいため新車以外で買いたいと考えている低収入者からの人気も高めだというのが特徴だと言えるでしょう。

アルファードには新車購入時にディーラーで車内のカスタマイズをお願いしなくても、後から内装改造が容易にできるメリットがあります。

ドライバーやその家族が簡単に取り付けられるカー用品や小物だけでなく、バッテリーから電気を得ないと動かないカーステレオやETCなどが比較的容易につけられるようになっているのです。

同じく外装改造も国産車であることも手伝い会社に比べると簡単であることから、購入した車にオリジナリティーを持たせるため何らかの手を加えたいといった方におすすめの車種だと言えるでしょう。

アルファードの内装改造を引き受けてくれるカー用品店や自動車整備工場、ガソリンスタンドなどは全国各地に多々実在していることから、自分で自動車のカスタマイズをするための知識や技術がない方でも改造は決して難しくないものと捉えておいてください。

アルファードの内装改造をプロに依頼するときには、見積もりを提示してもらい金額に納得したら施工を任せるという流れが一般的です。

例えば最初から取り付けられていない装飾を施したい、後部座席でも音楽が聴きやすいようにスピーカーの増設をお願いしたいなどの依頼を出すなら、施術費用だけでも数千円が必要になってきます。

カスタムパーツをカー用品店やインターネット通販サイトなどから個別に購入していた場合は、持ち込み手数料がとられることも珍しくないため見積もりを事前に出してもらうことは非常に重要になっています

逆に言えばある程度のお金さえ支払えば、法に触れない範囲での内装改造は大抵のものを実施してもらえるようになっておりますので、ドライバーやその家族の好みに合った内装空間を手に入れることが容易だということなのです。

簡単な内装改造なら即日で終わる可能性が高いですが、電子機器の複雑な取り付けが必要な施工の場合安全性を確保するため2日程度の時間がかかることもありますので覚えておいたほうがいいでしょう。

トヨタ・アルファードの内装の内色や内寸についてのまとめ

いかがでしたか?

やはり、外見を裏切らず、内装も広々と座れるようですね。

トヨタ・アルファードで、のんびりリラックスしながらのドライブを楽しんでみてはいかがですか?

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!
 

スポンサードリンク