下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


人気のトヨタ・アルファードですが、維持費として気になることが、ガソリン代。

つまり、トヨタ・アルファードはどのくらいの燃費があり、ガソリン代はどうなっていくのかということ。

燃費性能だけではなく、燃費の向上なども徹底解明していきます。

スポンサードリンク

アルファードの燃費性能とは

トヨタ・アルファードは2.5Lまたは3.5Lガソリンエンジンタイプと2.5Lハイブリッドタイプがあり、燃費性能が異なります。

ハイブリッドタイプは全車4WDですが、ガソリンエンジンタイプは2WD(FF)と4WDを選択することができます。

標準的なハイブリッドモデルの燃費性能ですが、カタログスペック(JC08モード燃費)はリッターあたり18.4kmです。

これに対してガソリン車(2.5Lエンジン)の2WDリッターあたり12.8km(アイドリングストップ付き)または11.6kmで、4WDタイプは12.0kmです。

3.5Lエンジンタイプのガソリン車の方は、リッターあたり10.4kmとなっています。

カタログスペック(JC08モード)は道路を走行させて測定している訳ではないので、実際の値とは異なります

実際に公道(市街地・郊外路・高速)で走行した際に測定した結果によると、ハイブリッドモデルのリッターあたりの走行距離は市街地で13.3kmで郊外路は14.3km、高速道路は14.0kmという数値が報告されています。

市街地と高速道路で大きな差が出ないのは、ハイブリッドモデルの特徴です。

ハイブリッドモデルは走行する道路の状況よりも、エアコン使用の有無によって変わるため、この測定は暖房をONにして燃料消費量が増える冬(1月・外気温9度)の条件で実施されたものです。

もしもエアコンを使用しなければ、リッターあたりの走行距離はもっと伸びる可能性があります

2.5Lガソリン車(カタログ値12.8km/L)でも同様に実際に走行した結果ですが、市街地走行の場合はリッターあたり7.8kmで郊外路は10.9km、高速道路はリッターあたり13.7kmという結果が報告されています。

高速道路に限れば、ハイブリッド車に匹敵するほどでした。

カタログ値に対する割合を計算すると市街地が約60%で郊外路が約85%、高速道路は107%となります。

ガソリン車は駆動方式やエンジンのタイプによって燃費性能が異なりますが、他のタイプの車体でもリッターあたりの走行距離はカタログスペックに対して市街地で約6割で郊外路が8割程度、高速道路だとカタログ値とほぼ同じ程度であると推察されます。

燃費測定の結果から、アルファードを購入する場合には市街地走行が多いユーザーはハイブリッドタイプを選択すると省エネ効果を発揮させることができます。

郊外路や高速道路の走行が多い人であれば、ガソリン車を選択すると良いでしょう。

スポンサードリンク

アルファードの実燃費の目安と燃費確認方法とは

新車を購入する際は、維持費を考慮する必要があります。

自動車の維持費に一番大きな影響を及ぼす項目は燃料代で、長い目で見ると燃費性能が高い方がお金を節約することができます。

アルファードなどのミニバンは車体重量が約2tと大型なのでコンパクトカーなどと比較すると燃料の消費量が多く、購入する前に実際の燃費を確認しておく必要があります

アルファードの燃費性能(JC08モード燃費)はメーカーが公表していて、簡単に確認することができます。

標準的なタイプの車体だとハイブリッド車はリッターあたり18.4kmで、2.5Lガソリン車は11.6kmです。

3.5Lガソリン車は10.6kmで、エコカー減税が適用されません。

カタログの数値は自動車を走行させずに車輪だけを回転させて測定した結果なので、実際に道路を走行する場合にはこれよりも低い値になります

アルファードの実燃費を確認する方法ですが、インターネット上の口コミサイトやメーカと関係がない第3者が実際に測定した結果を公表した数値を参考にすることができます。

インターネット上の記事を見ると、自動車専門のジャーナリストが実際にアルファードを使用して市街地・郊外路・高速道路で走行した際の燃費の値を確認できます。

実際に公道で走行した結果によると、ハイブリッドタイプではリッターあたりの走行距離は11km~12kmです。

この実燃費の数値は、カタログ値(18.4km/L)に対して約6割に相当します。

これに対して2.5Lガソリン車は走行する場所によって大きく異なり、市街地だとリッターあたり約8kmで高速道路だと12~13kmという結果が報告されています。

一般道であればカタログ値(11.6km/L)に対して約7割程度に相当します。

一般的にハイブリッド車の実燃費はカタログ値に対して6割程度でガソリン車は7割程度なので、標準的な数値であると言えます。

新車を購入する前に、レンタカーを利用して自分で実燃費確認を行う方法もあります。

自動車メーカー系のレンタカー会社は自社製品の宣伝をする目的があるので、常に最新モデルが用意されています。

近所のトヨタレンタカーでアルファードを借りてみて、数十km程度の距離を実際に走行して実燃費の値を確認することができます。

家の近所や市街地・郊外・高速道路またはバイパスなどを走行してみて、実燃費の数値をチェックしてみるようにしましょう。

ハイブリッド車は暖房を作動させると燃費が悪くなるので、燃費確認は冬の時期がおすすめです。

スポンサードリンク

アルファードの燃費向上をするためのテクニック

アルファードはミニバンでありながら快適な走りや車内空間を実現した車ですが、車体そのものが大きいということもあって燃費自体はあまりいいものではありません。

しかし、同じような車と比較をしてアルファードが特別悪いということもありませんから、極端に燃費が悪いとなると使い方に問題があると考えられます。

燃費のことで悩んだときには、燃費向上テクニックを頭に入れることによって大きく燃費を改善することができることもあります

燃費向上というと運転の仕方ばかりを最初に思い浮かべがちですが、実は運転をする前から燃費向上のためのテクニックは始まっています。

アルファードのように大きな車というのは、荷物を積んでおくのに適していますから、物置代わりに使ってしまいがちですが、それが燃費を大きく悪化させてしまう原因となるので、まずは荷物に注意をしてみましょう。

普段使わない夏タイヤや冬タイヤが積まれていたり、ゴルフバッグなどがあればそれだけで重量が増えてしまいます。

車は重くなればなるほど力を要するようになりますから、不要な重量物はおろしておくことが燃費を良くするのに大事なことになります。

次にタイヤの空気が抜けているとこれも余計にパワーを食うことになるので、タイヤの空気圧はしっかり確認しておく必要があります。

これは安全面からも確認をしておくべきことなので、月に一回程度は空気圧を確認しておきたいところです。

いよいよ実際の運転の仕方ですが、燃費向上をするのであれば急なアクセルは踏まないようにして、同様に極力ブレーキも踏まないような運転を心がけることがポイントになります。

アクセルを踏めば燃料を消費することになりますし、ブレーキを踏めばせっかく生み出した力を捨ててしまうことになるので、必要な量だけアクセルを踏んで必要なときだけブレーキを踏むのが燃費には優しい運転となります。

急にアクセルを開けて前が詰まって慌ててブレーキを踏むような運転の仕方は、燃費には最悪の乗り方となるのです。

急なアクセルは踏まないように意識しすぎて、ゆっくりアクセルを踏むのも燃費には良いとは限りません。

一般的にふんわりとアクセルを踏むのは燃費がいいとされていますが、市街地などでは巡航速度に到達した途端に信号で引っかかってしまうということがあるので、ゆっくり加速をしても燃料が無駄になってしまうことがあります。

この場合、急加速にならない程度に速やかに加速をして巡航速度まであげ、あとは惰性で走行したほうが燃費がいいケースもあるのです。

トヨタ・アルファードの気になる燃費や実燃費や燃費向上についてのまとめ

いかがでしたか?

燃費は購入前に確認することが大切になってきます。

ディーラーやレンタカーで確認してみてください。

また、燃費の向上は運転の仕方1つで変わってくるようですね。

ぜひ、自分の運転の仕方をチェックしてみてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

アルファードが値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザ

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤだし…」
  • 「なんとか最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用について、誰も教えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とがっかりしてしまう。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の9年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試してみたら…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多く追加!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク